個人でも実践したい方必見!SDGsへの身近な取り組みとは?

個人でも実践したい方必見!SDGsへの身近な取り組みとは?

SDGsは日本国内ではもとより、世界中で注目されている取り組みですが、国や企業といった大きなレベルでないとできないことと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、意外にもSDGsは身近なことでも取り組めることが多く、個人でも実践できます。

そこで今回は、個人でもできるSDGsへの身近な取り組みについて紹介します。最後まで読むことで、どのようなことをすればSDGsに貢献できるのかを理解して実践していきましょう。

SDGsの基本情報

SDGsの基本情報

SDGsの取り組みを紹介する前に、読者の中にはSDGsについての知識が曖昧な方へ向けて、SDGsの概要についてご説明しましょう。

SDGsの基本情報として誕生した背景や目標の内容などを紹介しますので、すでに知っている方も、復習として再度チェックしてみてください。

SDGsとは一体何なのか

SDGsとは、Sustainable Development Goalsを略したものです。日本語に訳すと「持続可能な開発目標」となります。具体的な内容は後ほど紹介しますが、17個の目標で成り立っており、国の発展度合いや経済状況を問わず、地球上にあるほぼ全ての国が採択した国際目標です。

ちなみにSDGsのことをエスディージーエスと読みたくなるかもしれませんが、正しくはエスディージーズです。間違えた読み方をしないように注意しましょう。

SDGsが誕生した背景

SDGsは、いくつもの背景によって誕生しました。

1つ目の背景は、現在の国際的な状況です。

今の地球は温暖化や異常気象といった自然的な驚異が問題となっている一方で、国際的な紛争や差別など人的な問題もあります。これらは、地球全体の危機意識を高める要因です。SDGsにはそのような問題を解決するための目標が含められています。

2つ目の背景は、MDGsの成功です。

SDGsの前進であるMDGs(Millennium Development Goals)は、2000年9月に開催された国連ミレニアム・サミットで採択されたものです。MDGsには「極度の貧困と飢餓の撲滅」や「HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止」、「開発のためのグローバルなパートナーシップの推進」などの8個の目標が掲げられており、達成したものもありました。

ただし、発展途上国向けが多いという反発や達成できなかった目標もあったことから、新たにSDGsが採択されました。MDGsの失敗を反省し、SDGsは世界中の人々を対象としています。

17目標の内容って?

SDGsの目標は、MDGsよりも多い17個です。主なものとしては、「ジェンダー平等を実現しよう」や「産業と技術革新の基盤をつくろう」、「パートナーシップで目標を達成しよう」などが挙げられます。

目標自体は「社会」「経済」「環境」「枠組み」の4つに分かれており、前述した目標であれば、「ジェンダー平等を実現しよう」は「社会」の1つで、「産業と技術革新の基盤をつくろう」は「経済」の1つ、「パートナーシップで目標を達成しよう」は「枠組み」の1つに含まれます。

目標だけではなくターゲットもチェック

SDGsを知る上では、目標と同じくターゲットもチェックしておきましょう。ターゲットは169個もあり、目標ごとで分かれています。

上記で紹介したものであれば、「ジェンダー平等を実現しよう」の場合は「あらゆる場所におけるすべての女性及び女児に対するあらゆる形態の差別を撤廃する」や「女性の能力強化促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化する」などがターゲットです。

「SDGsを理解するのに、ターゲットを確認しておく必要はあるの?」と思うかもしれませんが、そこまでチェックしておくことが、各目標で達成を目指す上で課された問題を把握することにつながります。問題を把握しておけば目標に対しても取り組みやすくなるため、数が多いですが、ぜひ確認しておきましょう。

SDGsへの国際的な取り組み

SDGsへの国際的な取り組み

SDGsは国際的な取り組みとしてさまざまな国で実施されています。しかし、具体的に何をしているのか気になる方もいることでしょう。

この項目では、そのような方向けに国ごとのSDGsに対する取り組みを紹介します。なお、今回は2019年に発表された各国のSDGs達成状況において、達成度が高いフィンランド・スウェーデン・デンマークと我が国日本の4カ国をピックアップしました。

フィンランドの場合

フィンランドは2019年度のSDGs達成度で、世界第3位の国です。フィンランドの場合、SDGsを行政が中心となって取り組んでおり、その影響で社会的に浸透していきました。

特にヘルシンキでは、都市のことを紹介するサイトでも「サステナビリティに関する項目」を設けています。内容としては、ヘルシンキでサステナブルな1日を過ごすモデルプランやサステナビリティの基準を満たした施設の紹介などです。これらは市民だけではなく、観光客でもチェックできますので、訪れる前にチェックしてみると良いでしょう。

スウェーデンの場合

2019年度のSDGs達成度第2位のスウェーデンは、国が主体となって取り組んでいます。長年、スウェーデンでは持続可能な社会の推進を進めてきました。その影響もあって企業のSDGsへの意識はとても高く、さまざまな取り組みが行われています。

例として、日本にも店舗があるIKEAを取り上げてみましょう。IKEAでは、製品の60%以上が再生可能な素材を用いています。また、IKEAの家電の多くは、エネルギー利用の効率が高いです。その他、食材や従業員の性別や人種への取り組みも行っており、積極的にSDGsへの取り組みを行っていることがうかがえます。

デンマークの場合

2019年度のSDGs達成度でナンバーワンとなったデンマークも、スウェーデン同様に国が主体となってSDGsに取り組んでいます。また、フィンランドやスウェーデンのように環境意識が高い国でもあり、その中でも代表的な取り組みとして挙げられるのが「UN17 Village」でしょう。

「UN17 Village」というのは、SDGsにおける17個の目標を全て達成することを目指した村を作るというものです。2023年に完成予定であり、村の中では、ソーラーパネルや雨水を貯水するシステム、屋上庭園などが計画されています。

日本の場合

日本は2019年度のSDGs達成度で第15位にランクインしており、アジア諸国の中ではナンバーワンです。特に「質の高い教育をみんなに」と「産業と技術革新の基盤をつくろう」という目標では高評価を得ており、一定の成果を出しています。

しかし、「ジェンダー平等を実現しよう」や「気候変動に具体的な対策を」などの目標は成果が出ておらず、課題点も多いです。特にジェンダー問題は日本の大きな問題とされており、スピーディーな解決を求められている目標でしょう。

なお、国としての取り組みには、ジャパンSDGsアワードの表彰や「平和と健康のための基本方針」の制定、「女性の活躍 推進のための開発戦略」の発表といったものが挙げられます。

SDGsに対して個人でできること

SDGsに対して個人でできること

冒頭で紹介したように、SDGsは個人でも取り組むこともできます。しかし、一体どのようなことをすればいいのでしょうか。この項目では、家の中・家の外で分けてできることを紹介します。気軽に取り組めるものもあるため、ぜひチャレンジしてみましょう。

SDGsの身近な例

SDGsの身近な例はいくつもあります。具体的には、途上国で活動している団体への寄付や人権活動への署名などです。どれも一度は見かけたことあるのではないでしょうか。これらは全てSDGsに当てはまることであり、知らずに取り組んでいた方もいるかもしれません。日本に居ながらも自分ができることとして、寄付やさまざまな活動への署名を検討してみましょう。

家の中でできること

家の中でも取り組めることとして、家事を平等に分担したり、電気をこまめに消したりなどがあります。家事を平等に分担する行為は「ジェンダー平等を実現しよう」という目標につながり、電気をこまめに消すことは「気候変動に具体的な対策を」という目標につながる、立派なSDGsの取り組みです。どちらも今日からでもできることなので、家族と話し合ってしっかりと取り組んでみてはいかがでしょうか。

家の外でできること

家の外は、家の中よりもさまざまなことができます。例を挙げるならば、フェアトレード商品を購入したり、マイバッグやマイボトルを持参したりなどです。フェアトレード商品の購入は「働きがいも経済成長も」という目標の達成につながるもので、マイバッグやマイボトルを持参することは「つくる責任 つかう責任」という目標の達成につながります。

その他、車やバイクではなく徒歩や自転車で通勤・通学したり、残業をしなかったりという行為も、立派なSDGsの取り組みです。

SDGsへの取り組みは企業も行っている

SDGsへの取り組みは企業も行っている

SDGsは個人だけではなく、企業で取り組むところもあります。ただ、ここまで紹介した中ではIKEAしか出ていないため、もう少し詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか。

そこで最後の項目では、日本の企業としてどのような取り組みを行っており、それはどの企業なのか見ていきましょう。

SDGs経営への転換

企業の取り組みとしては、SDGs経営への転換が代表的です。SDGsは国際的な取り組みということもあり、グローバル化した経済にも大きな影響を与えています。その結果、SDGsへの取り組みが社会的な課題解決への責任を果たすことに繋がり、ビジネスチャンスの獲得にまで発展するようになりました。

また、現在ではSDGsに取り組んでいないことが信頼感の低下につながる恐れもあり、リスクとしての一面も持っています。

SDGsに取り組んでいる主な企業

上記で紹介したように、SDGsはビジネス的にも大きな影響があるため、多くの企業がSDGsに取り組んでいます。具体的には、味の素株式会社やSMBC日興証券、佐川急便株式会社などです。なお、SDGsに取り組んでいる企業は外務省ホームページで確認できます。

参照:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/case/org1.html

まとめ

まとめ

今回の記事では、SDGsにおける基本情報から個人でできることまで紹介しました。SDGsは国や企業が主体となって取り組むものというイメージがあるかもしれませんが、個人の範囲であってもできることはたくさんあります。

この記事を読んでSDGsに興味を持った方は、早速身近なことから取り組んでみてはどうでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■シングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■2010年より毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを継続中
個人でも実践したい方必見!SDGsへの身近な取り組みとは?

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


10年以上に渡って毎年連続で、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!