SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」の基本情報と取り組み

SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」の基本情報と取り組み

SDGsには、「パートナーシップで目標を達成しよう」や「平和と公正をすべての人に」といった目標がありますが、その中の1つとして「海の豊かさを守ろう」があります。しかし、これだけでは具体的にどのような意味なのか把握するのは難しいでしょう。

そこで今回は、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」の基本情報や取り組みなどについて紹介します。海の問題について関心がある方や、どのように守っていけば良いのかを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもSDGsって?

そもそもSDGsって?

そもそもSDGsとは、国際的に掲げられている「持続可能な開発目標」のことです。「SDGs」という名前は、Sustainable Development Goalsの英語の頭文字と最後のスペルを組み合わせて作られました。

読者の中には「SDGsって何?」と思っている方がいるかもしれないため、目標14について説明する前に、SDGsの基本情報を紹介します。すでに知っている方も、この項目で見直してみましょう。

SDGsには17の目標がある

SDGsで掲げられている目標は、全部で17個あります。冒頭で述べたもの以外には、「質の高い教育をみんなに」や「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、「産業と技術革新の基盤をつくろう」などです。もし他の目標も気になるのであれば、外務省や国際連合広報センターの公式サイトをチェックしてみてください。どれも視覚的にわかるようにイラストが付いているため、どのような内容なのか把握できるでしょう。

SDGsのターゲット

SDGsを知る上では、目標だけではなくターゲットもチェックすべきポイントです。ターゲットは目標ごとに設けられており、全部で169ターゲットもあります。ターゲット自体はどれも具体的に定められているため、それぞれの目標をどのように達成していけば良いのかという方針が把握できます。もちろん、今回のテーマである目標14にもさまざまなターゲットが設けられています。

SDGsの背景

SDGsが誕生した背景には、MDGsという過去の国際的な取り組みが挙げられます。MDGsとはミレニアム開発目標のことであり、2000年に開催された国連ミレニアム・サミットで採択されました。MDGsでも複数の目標が掲げられており、実際に一定の成果が見られた目標もあったと報告されています。

ただ、最終的にはすべての目標を達成することはできませんでした。その上で誕生したのがSDGsであり、目標もターゲットもMDGsよりも増えており、新しい開発目標として世界各国で取り組まれています。

目標14「海の豊かさを守ろう」ってどんな内容?

目標14「海の豊かさを守ろう」ってどんな内容?

SDGsに関する基本情報を踏まえた上で、次に今回のテーマである目標14の基本情報を見ていきましょう。目標名としては、「海の豊かさを守ろう」というものですが、具体的にはどのような内容なのでしょうか。

目標14の基本情報

目標14「海の豊かさを守ろう」とは、海洋および海洋資源をただ使い続けるのではなく、持続可能な開発を目指して厚く保護し、その形のままで利用することを指します。

細かいことは後ほど別の項目で紹介しますが、現代の海はさまざまな問題を抱えています。「いや、別に海なんて自分の生活に関係ないので…」と考える方もいるかもしれませんが、そのまま何もせずこのまま使い続ければ、海に関する仕事をしている人だけではなく、世界中の人々に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。そのようなことを踏まえて、「海の豊かさを守ろう」という目標が掲げられました。

目標14のターゲット

目標14「海の豊かさを守ろう」のターゲットは、全部で10個あります。内容としては、海洋汚染の防止および削減や海洋酸性化の影響に対する対応、海洋および沿岸の生態系回復などです。ターゲットはそれぞれ長文のため、ここで全文を紹介することはできませんが、どれも海のことやそこに生活する生物のことなどが考えられている内容となっています。

現代の海が抱える問題とは?

現代の海が抱える問題とは?

上記でも紹介したように、現代の海は深刻な問題を抱えています。代表的なものとして「油による海洋汚染」「ゴミ」「乱獲」がありますが、それぞれどのようなものなのでしょうか。

そこでこの項目では、問題ごとに詳しく紹介します。

問題①油による海洋汚染

1つ目の問題は、油による海洋汚染です。船舶事故やバルブの人為的ミスなどよって漏れ出た油は海にとって非常に有害であり、海洋汚染につながります。「ただ見た目が悪くなるだけでは?」と思うかもしれませんが、油による海洋汚染の被害は甚大です。油は海に生息するさまざまな生物を死滅させてしまう上に、環境そのものも脅かします。

問題②ゴミ

2つ目の問題は、ゴミです。ゴミも海洋汚染の1つで、見た目だけではなく環境に対する悪影響もあります。特にゴミとして多いのがプラスチックであり、不法投棄は違法であるにも関わらず、一向に減りません。また、釣り糸や浮きといった釣り関連の道具も海に捨てられており、一部の悪質な釣り人による海洋環境の悪化が問題となっています。

問題③乱獲

3つ目の問題は、乱獲です。魚は海にたくさんいるイメージがあるかもしれませんが、そのようなことはありません。事実、世界中に生息する魚の33%は獲りすぎているとまで言われています。乱獲が進めば、生物の個体数が減少し、最終的には私達の生活にも悪影響を及ぼすでしょう。

また、乱獲に関しては漁業関係の働き方にも関係があるとされており、別の目標である「働きがいも経済成長も」にもつながる課題です。

目標14「海の豊かさを守ろう」に対する取り組み

目標14「海の豊かさを守ろう」に対する取り組み

この目標に対する取り組みは、さまざまな企業で行われています。ただ、企業がどのような取り組みを行っているか、知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、いくつかの企業をピックアップして、取り組み対する実例を複数紹介します。企業の中には、多くの人が知っている有名なところも含まれています。

目標14に取り組んでいる企業とは?

目標14に取り組んでいる企業は、数多くあります。具体的には、味の素株式会社やシャボン玉石けん株式会社、株式会社伊藤園などです。有名な企業も多数取り組んでおり、企業側も目標14に対する意識は高いと言えるでしょう。

また、企業だけではなく、静岡市役所や長崎大学、一般社団法人の日本化学工業協会といった団体も取り組んでいます。その他の企業や団体に関しては、外務省の公式サイトに掲載されているため、気になる方はぜひチェックしてみてください。もしかすると、あなたが働いている会社や団体があるかもしれません。

日本企業における具体的な事例

日本企業における具体的な事例として、ユニー株式会社とエームサービス株式会社を取り上げて紹介しましょう。

総合スーパー「アピタ」を経営しているユニー株式会社では、店頭でプラスチック製の使用済み容器や包装を全店舗で回収したり、回収した容器や包装は再利用しリサイクルしたりなどの取り組みをおこなっています。

会社や工場の社食などでさまざまな料理を提供しているエームサービス株式会社では、パナソニック本社の社員本社にて、日本初のサステナブル・シーフードを提供しています。サステナブル・シーフードに関しては次の項目で紹介しますが、海のことを考えた食品の提供をするという取り組みに挑戦しているのです。

目標14「海の豊かさを守ろう」に対してできること

目標14「海の豊かさを守ろう」に対してできること

最後の項目では、今回のテーマに対して個人でもできることを紹介します。今回のテーマに対する取り組みは企業や団体だけではなく、個人でもできることがあります。海に関心がある方やSDGsに関する取り組みをしてみたい方は、今後の参考にしてください。

海のエコラベルをチェックする

個人でできる取り組みとして取り掛かりやすいものに、海のエコラベルが貼られているをチェックすることが挙げられます。エコラベルは主に2つあり、「MSC認証」と「ASC認証」です。

MSC認証は、海洋環境にきちんと配慮した上で魚の獲り方を守っている水産物に与えられるもので、基準を満たしたものだけに貼ることができます。ASC認証は、環境や地域社会に配慮しながら養殖業をしている水産物に与えられるものです。どちらも厳しい審査をクリアした水産物でないと認証を得ることはできません。この2つのラベルが貼られていれば、地球環境に配慮した水産物であると判断できるでしょう。

上記で紹介したラベルが貼られているものは、サステナブル・シーフードと呼ばれます。買い物の際はサステナブル・シーフードを意識しながら水産物を見てみましょう。

きちんとゴミを処理する

ゴミは海洋環境や生物に対して、大きな影響を与えます。だからこそ、ゴミはきちんと正しいところに捨てましょう。海に捨てるのは環境に悪影響を及ぼす上に、違法行為です。当たり前のことですが、守っていない方もいるため、改めて意識しておきましょう。

ゴミを処理する以前に、ゴミを発生させないことも大切です。マイ箸・マイボトル習慣を心がけたり、プラスチックのストローを使わないようにしたりなど、できる限りゴミを発生させないライフスタイルに変えてみましょう。

リサイクルを心がける

持続可能な社会を目指すためにも、リサイクルを心がけましょう。例として、プラスチックごみをきちんと分別することが挙げられます。分別することでリサイクルできるようになり、持続可能な社会へ一歩近づくでしょう。また、ゴミを処理する側としても分別されていれば、効率よく作業できます。

まとめ

海と小魚と珊瑚

今回は、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」の基本情報や取り組みなどについて紹介しました。現代の海は大きな問題をいくつも抱えており、将来的に不安を抱えている状態です。個人でもできることはたくさんあります。今日からでも実践できることから始めて、海の豊かさを守り続けていきましょう。この記事が、海洋問題に関心を持つきっかけとなれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■シングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■2010年より毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを継続中
SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」の基本情報と取り組み

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


10年以上に渡って毎年連続で、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!