自然に誘導できるネイティブアドとは?活用のメリットと広告の種類

この記事では、ネイティブアドの理解を深められるようなポイントについてご紹介しています。ネイティブアドについて知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ネイティブアドは、最近よく耳にするようになった言葉の1つです。

メディアの中に溶け込むように掲載されているネイティブアドを取り入れたいと考えている方も多いでしょう。

ネイティブアドは、これまでの記事広告とは異なる特徴を持っています。

自然な誘導ができるとして注目を集めているネイティブアドですが、具体的にどのような広告なのか分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、ネイティブアドを取り入れたいと考えている方がより理解を深められるように、ネイティブアドの特徴や導入するメリットなどについてご紹介しましょう。

広まっているネイティブアドとは?

記事広告とは異なるネイティブアドの特徴

ネイティブアドは、インターネット上にある記事と広告が融合しており、自然な誘導ができる広告となっています。

メディアの一部として同じような見た目で表示されるため、違和感なく広告を掲載できるのです。

サイトを見ているユーザーにも違和感を与えずに宣伝ができるのは、ネイティブアドの魅力だと言えるでしょう。

バナー広告やマーケティング広告の場合は明らかに広告だと分かり、同じものが繰り返し表示されるため、ユーザーがストレスに感じてしまう可能性もあります。

ユーザーが見ていてストレスを感じないページを作るためにも、ネイティブアドが持つ自然さは企業側にとって魅力的です。

ネイティブアドがもたらす効果

今までインターネットサイトに掲載されていた広告は、バナー広告が主流でした。

しかし、バナー広告はいかにも広告だということが分かり、クリックしない人の方が多いと言われています。

ネイティブアドの場合は、コンテンツに溶け込んだ広告となっているため、クリックしてもらえる可能性が高いです。

スマホでインターネットを利用する人も多くなっていることから、自然に広告を設置できるネイティブアドの親和性が高くなり始めていることも、ネイティブアドを取り入れたいと考える人が増える要因だと言えるでしょう。

広告を掲載するのであれば、宣伝効果を得られないと意味がなくなってしまうため、ニーズにマッチするユーザーにクリックしてもらえる可能性が高いネイティブ

アドは注目され、効果が期待されているのです。

ネイティブアドが広まっている理由

今までインターネットサイトに掲載されていた広告は、バナー広告が主流でした。

しかし、バナー広告はいかにも広告だということが分かり、クリックしない人の方が多いと言われています。

ネイティブアドの場合は、コンテンツに溶け込んだ広告となっているため、クリックしてもらえる可能性が高くなっています。

スマホでインターネットを利用する人も多くなっていることから、自然に広告を設置できるネイティブアドの親和性が高くなり始めていることも、ネイティブアドを取り入れたいと考える人が増える要因だと言えるでしょう。

広告を掲載するのであれば、宣伝効果を得られないと意味がなくなってしまうため、ニーズにマッチしたユーザーにクリックしてもらえる可能性が高いネイティブアドは注目され、効果が期待されているのです。

ネイティブアドを活用するメリットとは?

潜在顧客にモーションがかけられる

ネイティブアドを取り入れると、宣伝している商品やサービスについて知らない潜在顧客にもモーションをかけられます。

子育てをしている人が多く目を通すメディアにはおむつの広告、両親の介護で悩んでいる人が多く目を通すメディアには介護施設の広告などを掲載することによって、商品やサービスを知らなかった人に興味を持ってもらえる可能性が高いです。

SNSで表示されているインフィード広告の場合は、幅広い層に商品やサービスの宣伝ができます。

見る人の気分を害さずに誘導

ネイティブアドは、メディアのコンテンツと同じような見た目の広告を掲載するため、自然に広告を表示させられます。

バナー広告は興味がないような商品やサービスの宣伝も含まれるため、ストレスに感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、ネイティブアドならではの特徴を活かすことで、見る人の気分を害さずに誘導できるのです。

SNSでの拡散で費用対効果に期待できる

ネイティブアドは広告コンテンツですが、内容が魅力的であればSNSで拡散される可能性もあります。

拡散されることによって、居住地やライフスタイル、趣味などが似ているユーザーの目に留まりやすくなります。

SNSの拡散は影響力も大きいため、広告費以上の宣伝効果が見込めるでしょう。

ネガティブアドには少しデメリットもある

ネイティブアドには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

・広告だと分かりにくいためユーザーが騙されたと思ってしまう
・効果を感じられるまでに時間がかかってしまう
・コンテンツを作るための時間や労力がかかってしまう

ネイティブアドを取り入れるのであれば、デメリットも知っておくようにしましょう。

ネイティブアドが活用される広告の種類と特徴

インフィード広告

インフィード広告は、WEBサイトやアプリ内にあるコンテンツとコンテンツの間に表示されます。

FacebookやTwitterなどのSNSやニュースアプリなどで取り入れられているケースが多いです。

ビジネスメディアでも増えつつあるので、インフィード広告を取り入れた事例は多くなっています。

レコメンドウィジェット広告

CV率のアップに期待できるレコメンドウィジェットとは?

レコメンドウィジェット広告は、レコメンド配信サービスを使用するため、レコメンド欄があるサイトに広告が掲載されます。

ニュースサイトの記事の下に出てくる関連記事やおすすめ記事の中に、広告を取り入れます。

ユーザーによって広告の内容はカスタマイズされるため、特定の層をターゲットにした宣伝ができるでしょう。

しかし、記事の下に広告が掲載されるため、見てもらえる確率は他と比べると低くなってしまいます。

プロモートリスティング広告

プロモートリスティング広告は、ECサイトや情報サイトに掲載されるケースが多くなっていて、検索結果の上位にPRとして表示されます。

ユーザーの検索ワードに合わせたフォーマットで広告がただ表示されるだけではなく、上位に表示されることが特徴です。

そのため、ユーザー目に留まりやすい広告だと言えるでしょう。

しかし、リンク先のページがユーザーの目的に応えられるものでないと結果を得ることは難しくなってしまいます。

ペイドサーチ広告

ペイドサーチ広告は、リスティング広告と呼ばれているものです。

検索結果を表示する画面の中に、同じようなフォーマットで表示することで、宣伝効果を狙うことから、ネイティブアドの1つに分類されています。

検索結果と同じ画面に表示されるため、自然な宣伝効果も期待できるでしょう。

かつては公式サイトを装って利益を得ようとするケースもありましたが、現在はクリック目的のサイトは掲載できないというルールが設けられているため、純粋な広告ばかりだと言えます。

カスタムタイプの広告

ネイティブアドの種類をご紹介してきましたが、当てはまらないネイティブアドもあります。

当てはまらない広告とは、カスタムタイプの広告です。

カスタムタイプの広告は、ブランディングすることや商品・サービスのファンを増やすために使用されるケースが多くなっています。

広告費も高額になってしまうため、新しい商品やサービスの宣伝をするために取り入れられているのです。

まとめ

ネイティブアドは、最近注目され始めている広告です。

自然な誘導ができるため、取り入れたいと考える企業も少なくないでしょう。

しかし、まだまだ認知度が高くないネイティブアドの効果やメリット、取り入れる際の注意点などを知らない人がたくさんいます。

ネイティブアドを取り入れることを検討しているのであれば、今回の記事を参考にしてネイティブアドとはどのようなものかという理解を深めていってください。

きちんと理解して取り入れることができれば、効果的な宣伝ができるでしょう。

ネイティブアドにはいろいろな種類もあるので、特徴を理解した上で最適な広告を取り入れれば、より効果を感じやすくなります。

ただし、すぐに効果が実感できるわけではないため、じっくりと効果を待ち続けることも重要なポイントです。

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中