SDGsの達成とスポーツの関係性とは?日本の取り組み例などを紹介

SDGsの達成とスポーツの関係性とは?日本の取り組み例などを紹介

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、17の目標と169のターゲットから構成された持続可能な開発目標です。ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年の国連サミットで採択されました。

2030年を年限に各国さまざまな取り組みが行われる中、スポーツも目標達成に必要不可欠とされています。SDGsにおいてスポーツはどのような役割を担っているのでしょうか。

そこで本記事では、SDGsとスポーツの関係性やスポーツSDGsの取り組み、日本の取り組み事例について紹介します。

SDGsとスポーツの関係性とは?

SDGsとスポーツの関係性とは?

2000年にMDGsが掲げた国際社会共通の8つの目標は、2015年の達成期限までに一定の成果をあげました。達成の背景にはそれぞれの目標に対してスポーツが重要な役割を果たしており、国連やその他の総会決議でも認識されています。

このことから、後継であるSDGsの持続可能な開発目標においても、スポーツは重要なツールとして位置づけられているのです。「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている17の目標に、スポーツは潜在的能力を発揮しており、来る2030年の実現へ期待が寄せられています。

日本では「スポーツを通じて『国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む』ことができる社会の実現」を目指し、2015年にスポーツ庁が新たに設置されました。SDGsの目標実現に関しては、SDGsの認知度向上や社会におけるスポーツの価値のさらなる向上にスポーツで貢献することを宣言しています。

スポーツSDGsの取り組み

スポーツSDGsの取り組み

続いて、スポーツの世界で取り組まれているSDGsについて見ていきましょう。

世界の課題をスポーツで解決「Our Global Goals」

スポーツ庁とビル&メリンダ・ゲイツ財団は、スポーツを活用してSDGsの達成を目指すため、パートナーシップを締結しました。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツに注目する人々が増えている中、この機会にスポーツSDGsにも関心を持ってもらうことが狙いです。

同財団は、スポーツを通して社会課題と向き合う「Our Global Goals」というプロジェクトを行っており、スポーツ庁の掲げるスポーツSDGsの理念にも一致しています。スポーツSDGsの取り組みの一環として広報を行い、ムーブメントの高まりに繋げていくことが今後重要となるでしょう。

またこの取り組みは多くのアスリートにも呼び掛けており、賛同の声が広がっています。

設備や環境の再利用「オリンピックレガシー」

環境問題やサステナビリティの観点から、2020東京オリンピックでは、オリンピックレガシーに対する取り組みが行われています。たとえば「開催するにあたり作られた施設や設備が、イベント終了後も有効に再利用できるか」という考え方がオリンピックレガシーです。

IOCでも「オリンピック競技大会のよい遺産を、開催国と開催都市に残すことを推進すること」と明記しています。よい遺産(レガシー)は、「スポーツ」「社会」「環境」「都市」「経済」の5分野で考えられ、持続可能な効果と発展を目指すのが目的です。

SNSによる積極的な情報発信

スポーツ庁はスポーツSDGsを広めるために、SNSによる積極的な情報発信も行っています。共通のハッシュタグは「#SportsSDGs」です。

スポーツSDGsには、スポーツが持つ人を集める力や巻き込む力を利用して「SDGsの認知度向上」「スポーツの力を活用した社会課題の解決」という願いが込められています。ハッシュタグを利用する人が増えれば、より多くの人に届き、SDGsへの関心が高まることが期待されるでしょう。

開発と平和のためのスポーツの国際デーの制定

4月6日は「開発と平和のためのスポーツの国際デー」の記念日です。スポーツが平和と開発を促してきたことや寛容と相互理解を育んできたことに着目し、近代オリンピックが初めて開催された日に制定されました。

平成30年度は、鈴木スポーツ庁長官をはじめとしたアスリートや著名人から、SDGs達成へのスポーツによる貢献を動画メッセージに込めて配信しています。

日本のスポーツによるSDGsの取り組み事例

日本のスポーツによるSDGsの取り組み事例

ここでは、日本のスポーツにおけるSDGs活動の取り組み事例を2つ紹介します。

スポーツを通じてSDGsに取り組む「ミズノ」

ミズノは「子どもたちの運動能力と体力の向上」「スポーツを通じた健康寿命の延伸」「スポーツへのアクセスの向上と地域スポーツの振興支援」を重要課題として、スポーツ振興に尽力しています。幅広い事業展開でSDGsに取り組み、一人ひとりが輝けるサステナブルな社会の実現を目指し活動中です。

退院復学を支援する「Bリーグ」

日本のプロバスケットボールリーグであるBリーグは、社会的責任活動をB.LEAGUE Hopeと称し「Planet」「Peace」「People」の3つの領域でSDGsの課題と向き合っています。長期療養を必要とするこどもの復学支援「TEAMMATES事業」や災害復興支援活動など、さまざまな取り組みを実施し、Social Innovationの実現に貢献しているのです。

まとめ

まとめ

SDGsの目標実現には、スポーツの持つ潜在的能力が重要です。スポーツ庁は、スポーツで「人生が変わる」「社会を変える」「世界とつながる」「未来を創る」の4つの指針を示しており、いずれもSDGsに共通しているといえるでしょう。

スポーツは人種や性別、経済格差など関係なく誰でも楽しむことができ、そして国境を越えてつながることができます。私たちの暮らしに身近なスポーツで社会貢献できるのであれば「持続可能な社会の実現」はそう遠くない未来かもしれません。スポーツの力でSDGsの目標達成を目指し、次世代の豊かな未来をつくりましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ、育ちの江戸っ子■シングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に億単位の他人の借金を背負うも3年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■2010年より毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを立上げ継続中■個人起業向け会員制やサブスク、仕組み作りでは300名以上の受講生を指導し安定収入を手にする受講生続出中■理念は「共感、共存、共創」できる起業家を世界中に排出すること
SDGsの達成とスポーツの関係性とは?日本の取り組み例などを紹介

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


10年以上に渡って毎年連続で、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!