コンテキストとは?ビジネス・マーケティングで活用される用語です。

コンテキストとは英語で『Context』と表記され、直訳すると『文脈』です。

コンテキストという言葉はビジネスシーンでよく耳にしますが、どのような意味で使われているのか知っていますか?

ビジネスではコンテキストを意識することが重要と言われていますが、そもそもどんな意味を持つ言葉なのでしょうか?

今回はコンテキストとは何か、意味やビジネスでの重要性などについてご紹介していきます。

正しい意味や種類を知ることで、ビジネスでコンテキストが重視される理由を理解できるようになります。

今回はコンテキストとはどんな意味のあるビジネス用語なのか、また種類やビジネスで重要とされる理由などご紹介しましょう。

コンテキストとは?

コンテキストの意味

コンテキストとは英語で『Context』と表記され、直訳すると『文脈』です。

『前後関係』や『環境』、『状況』などの意味もあります。

実体やものに対して使うワードではなく、前後の関係から意図を読み取ることや、環境や状況に依存するという意味で使われます。

ビジネス用語に『コンテクスト』という言葉がありますが、コンテキストと意味はほとんど変わりません。

細かい違いはコンテキストの場合は文章などのテキスト情報に使われ、コンテクストはテキストの特徴など広い意味で使われています。

ビジネスにおけるコンテキスト

ユーザーの目的を達成するための行動に影響するあらゆる物事

「ユーザーのコンテキスト」というのは、ユーザーが目的を達成するために行う行動に対して、影響を与えるあらゆる物事を指しています。

例えば、マーケティングではターゲットユーザーや目的を明確にすることが大事であり、

具体的な日時や場所

利用環境

前後の行動

心理状態

などを設定して施策を打ち出す必要があるでしょう。

コンテキストは日時や場所、行動、心理など目的を達成に影響を与える全ての要素のことです。

日時なら具体的な時間帯、場所なら室内か屋外か、前後の行動はどんな状況で使用するのか、次にどこのサイトを来訪するかといった考えがコンテキストになります。

同じユーザーや目的であったとしても、意識するコンテキストに応じてユーザーの使用性などが変わってきます

IT分野におけるコンテキスト

IT分野でのコンテキストとは、利用者の意図、状況、環境などを総じて表す意味で使われています。

例えば、使用性の高いWebサイトを作成するのであれば、利用者の意図から探って最適化することがコンテキストに配慮することを意味します。

ユーザーの検索意図を想像し、対応するコンテンツを作ればユーザーからの評価を向上させることが可能です。

プログラミングにおけるコンテキスト

プログラミングでのコンテキストとは、同様のコードや要素でも組み込む位置に応じて、実行時の内部状況に応じて違う動作を行う、もしくは制約を受けることです。

また、グラフィックス処理や入出力機器のコントロールなど、装置を抽象化させてプログラムで使えるデータ構造の集合体などの形にしたものもコンテキストと呼びます。

コンテキストの種類

ハイコンテキスト・ローコンテキスト

コンテキストにはいくつか種類があり、その1つがハイコンテキストとローコンテキストです。

ハイコンテキストとは互いに大きな共通理解を持っている状態を差します。

ローコンテキストは共通理解が存在したので、全ての物事を明確に表現する必要がある状態を意味します。

例えば、ハイコンテキストな環境ならコミュニケーションは空気を読んで行われます。

一方、ローコンテキストの環境では、コミュニケーションは全て言葉で行われるのです。

社会的コンテキスト

社会的コンテキストは他の人の言動や思考を理解し、自分の考えや意図を相手に理解してもらえる環境を示します。

コミュニケーション能力と類似する部分がありますが、能力のことを指すのではなく概念といったもっと曖昧なイメージです。

コンテキストマーケティング

マーケティングに取り入れられる1つの考え方で、消費者の目線から背景事情、思考を読み取ってマーケティング活動を行うことです。

活用事例としては、Google AdWordsやAmazonがコンテキストマーケティングを活用しています。

Google AdWordsは検索履歴や位置情報からの目的、状況を分析し、分析結果に応じて最適化された広告を配信しています。

Amazonの場合は、履歴や検索からユーザーが関心を持ちそうな商品をベストなタイミングで情報提供することが可能です。

コンテキストマーケティングではユーザーにマッチしたものを適したタイミングで提案することで、購入意欲を高める効果に期待できます。

コンテキストメニュー

コンテキストメニューはソフトウェアの操作メニューを表示させる方法で、選択している操作対象に合わせてメニュー項目が変化するプログラムです。

例えば、WindowsのPCなら右クリックをすると選択した対象に応じて、それぞれ異なるメニューが表れます。

画像アイコンを右クリックすれば、「開く(プレビュー)」、「印刷」、「名前を変える」などの項目が出てきます。

Macの場合はcontrolキーを押すと同時に対象をクリックするとメニューを表示することが可能です。

ビジネスでコンテキストが重要になってくる理由

コンテキストを意識し、理解することの重要性

デジタルマーケティングでは、コンテキストの意識と理解が重要と言われています。

主に消費者の行動背景という意味で用いられおり、それを意識してアプローチすると効果的なマーケティング活動が可能となるからです。

人はそれぞれ違う環境下に身を置いており、情報や広告の見方や態度は無意識に変化しています。

Yahoo!Japanが2015年11月に行った調査では、時間帯や場所、デバイスに応じて情報の認知に差異があることを報告しています。

Yahoo!Japanの場合、検索・閲覧・クリックなどの行動からユーザーが興味・関心を持つカテゴリーを個人に提供することが可能です。

そこでユーザーがパソコンとスマホを使った時、デバイスと興味・関心カテゴリーがどこまで当てはまるか調査しました。

もしデバイスとカテゴリーの一致率が高ければ、どのデバイスであっても同様の行動をとっていると判断できます。

しかし、実際の一致率はわずか8%であり、パソコンとスマホではユーザーの行動が変化することが明らかになったのです。

つまり、マーケティングにでは消費者がどういう意思や条件に対して行動をとるのかを把握し、それを意識してアプローチすることが効果的と言えます。

年齢や性別などの属性データだけではなく、時間や環境、前後の行動、心理など細かく捉え、柔軟性や多様性を考えた戦略が求められます。

世界のビジネスはハイコンテキスト文化

国によってコンテキストの共有性に違いがあり、

日本は空気を読んで行動するハイコンテキスト文化に寄っています。

また、韓国や中国、アラブ、フランス、アフリカなどもハイコンテキスト文化に寄っています。

一方、アメリカやロシアなどはローコンテキスト文化であるため、
コミュニケーションを通じて物事を明確に示す傾向が強いです。

ハイコンテキスト文化の日本はローコンテキスト文化の国の人間からすれば、
口数が少なく情報共有が難しいというイメージを持たれています。

ただ、ハイコンテキストのメリットは相手の気持ちや考えを察知できるという点です。

ビジネスでは相手の意図や要望を汲み取った上で適切な提案や言動が必要となるので、ハイコンテキストの要素も求められると言えます。

世界でビジネスを進めるためには相手に分かりやすい会話を心掛けつつ、空気を読んだり、相手の考えを汲み取ったりする力も必要でしょう。

まとめ

コンテキストは何か特定のものを示すものではなく曖昧な概念なので、正確に意味を捉えるのは難しいかもしれません。

ビジネスにおいては、消費者の行動背景という意味で理解しておくと分かりやすいでしょう。

どんなに効果のあるマーケティング手法であっても、ターゲットと実際の顧客の行動が一致しなければ成果を上げにくくなってしまいます。

明確なターゲット設定と最適な施策を講じるためにも、コンテキストを意識して取り組んでいきましょう。

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中