ランディングページの意味とランディングページを制作時の【重要な4つのポイント】

ビジネスにウェブを活用していく上で欠かすことのできないランディングページ。

ウェブ上で商品やサービスを販売しているのであれば、当然準備しておくべき重要なページの一つです。

そのため、まだランディングページを用意できていない場合はすぐにでもランディングページを用意するべきだと言えますが、とりあえず用意しただけのランディングページは意味がありません。

というのも、ランディングページの意味をしっかりと理解した上で用意しなければ、ランディングページ本来の役割を果たすことはできないからです。

そこでこの記事では、ランディングページの意味について詳しく解説していきたいと思います。

また、ランディングページを制作していく上で大切なことなど効果的に機能してくれるランディングページの作り方についても解説していくので、これからランディングページを制作していきたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランディングページの意味について解説

ビジネスでウェブを活用していく場合に必ず用意しておくべきランディングページですが、そもそもランディングページとはどういったものなのでしょうか?

ランディングページの意味についてみていきましょう。

ランディングページは元々ユーザーがそのウェブサイト内で一番最初にアクセスしたページを指す言葉として使われていました。

要はユーザーの入り口となるページのことです。

ブラウザの検索結果や広告、SNSなどを通じてユーザーがウェブサイトにアクセスした場合、最初に目にするページをランディングページと呼んでいたわけですね。

しかし、時代とともにランディングページの意味も変化し、今では「ランディングページ=商品やサービスを売るページ」として一般的に認識されるようになりました。

もちろん未だに当初の意味で使われる場合もありますが、商品やサービスを売るためのページとして使われることがほとんどです。

ランディングページを用意する目的

一般的にランディングページは商品やサービスを売るために存在するページとして認識されていると解説してきましたが、ランディングページを用意する目的は商品やサービスを売るだけではありません。

ランディングページはあくまでもウェブサイトから何かしらの成果をあげるために用意するページです。

つまり、ランディングページを用意する目的は、「ウェブサイトを経由して何かしらの成果を上げること」ということになります。

ランディングページで上げられる成果にはどういったものがあるのか

ランディングページを用意する目的はウェブサイトを経由して何かしらの成果を上げることだと解説してきましたが、ランディングページで上げられる成果はさまざまです。

まず代表的なものとしては、自社の商品や製品を購入してもらうというものがありますね。

また、自社が提供しているサービスに申し込んでもらうのも、ランディングページで上げられる代表的な成果の一つです。

その他にも、メールアドレスなどの顧客情報を取得することを成果として設定する場合もあります。

無料のレポートを提供するのと引き換えにメールアドレスなどの情報を取得し、メルマガなどで教育して後々の大きな成果につなげていくというわけです。

その他にも、お問い合わせの獲得などを成果として設定したりすることもあります。

ランディングページを制作する上で重要な4つのポイント

さまざまな成果を上げることができるランディングページですが、実際にランディングページを制作する場合、いくつか重要になってくるポイントがあります。

これらのポイントを理解しないままランディングページを制作し、公開しても、思うような成果を上げることはできないので、これから紹介していくポイントを満たすことを意識してランディングページを制作していくようにしましょう。

1. 他のページへのリンクはできるだけ配置しないようにする

ランディングページの目的は、「何かしらの成果を上げること」です。

そのため、ランディングページには他のページへのリンクは極力設置しないことが重要になってきます。

商品を購入するためのページやサービスに申し込むためのページなどは別ですが、ユーザーがそれ以外のページに移動してしまうと一気に成果を達成するのが難しくなってしまうので、余計なリンクは設置しないようにしましょう。

2. 成果を達成するために必要な情報をもれなく盛り込むようにする

ランディングページで何かしらの成果を達成するためには、ランディングページにアクセスしてきたユーザーに何かしらのアクションを起こしてもらわなくてはいけません。

しかし、ユーザーは不明点や疑問点が残ったままの状態では、決してこちらが望むようなアクションを起こしてはくれません。

なので、ランディングページを作る場合には、ユーザーがアクションを起こすために必要な情報をランディングページ内にしっかりと盛り込むことを意識しましょう。

必要な情報をしっかりと盛り込んでユーザーの不明点や疑問点をゼロにすることができれば、おのずと成果を上げることができるようになります。

3. 必要な項目を正しい順番で配置する

ランディングページにはユーザーがアクションを起こすために必要な情報を全て盛り込んでいくため、コンテンツが長くなってしまいがちです。

ユーザーは基本的にコンテンツを読むことを嫌うため、ユーザーにコンテンツを読み進めてもらうためにはコンテンツの構成が非常に重要になってきます。

必要な項目を正しい順番で配置することを意識しながら制作していくようにしましょう。

4. ユーザーの属性に最適化されたページを用意する

ランディングページはユーザーに最適化されたものを用意しなくてはいけません。

つまり、ユーザーの属性に合わせて複数のランディングページを用意し、それぞれの属性に合ったランディングページにアクセスできるようにする必要があるというわけです。

ある悩みを抱えているユーザーには悩みの解決方法からレクチャーしてあげる必要がありますが、すでに解決方法を知っていて商品の購入を検討しているユーザーに対しては、レクチャーの項目は不要になりますよね?

このように、ユーザーの段階や属性に合わせてランディングページを用意し、最適なランディングページを提示してあげることがとても重要になってくるわけです。

一回で最適なランディングページを作るのは不可能!分析と改善の繰り返しも重要

しっかりと成果を上げられるランディングページを制作していく上で重要な4つのポイントについて解説してきましたが、最初から完璧なランディングページを作り上げることはまず不可能です。

というのも、実際に公開してみないとユーザーがどういった行動を取るのかがハッキリしないからです。

そのため、ランディングページの運用は、公開した後のデータ収集、そのデータの分析、分析した結果を活かしての改善が必須になってきます。

これらの工程を繰り返すことで、より成果を獲得しやすいランディングページとして洗練されていくということを理解しておきましょう。

まとめ

これからランディングページを制作していきたいと考えている方のために、ランディングページの意味について詳しく解説してきました。

今回紹介してきたように、ランディングページは元々広告などに記載されているリンクの飛び先となるウェブページを指す言葉でしたが、今では商品や製品を購入してもらったりサービスに申し込んでもらったりするためにページという認識が一般的になっています。

そのため、ランディグページを用意する場合は、商品やサービスの売上などしっかりと成果を達成できるようなページにしなくてはいけません。

ですから、適当にただ用意してあるだけのランディングページでは意味がないということになるわけですね。

実際にランディングページを制作するときには、今回紹介してきた内容を参考にして、ランディングページを制作する意味をしっかりと確認しながら成果の出るランディングページを制作していくようにしましょう。

また、効果の高いランディングページのポイントや、2種類あるランディングページの解説に関しては
下記の記事を参考にして下さい。

ランディングページとは?効果の高いLPを分かりやすく徹底解説

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中