ランディングページ構成案と必要な【8つの要素】・しっかりと成果が出せる鉄板パターンを紹介します

「ランディングページを作りたいけど、どんな要素を盛り込めばいいのかわからない…」
「ランディングページを作って公開しているけど全くいい反応がない…」

こんなことでお悩みではないでしょうか?

ウェブを活用して成果をあげるために欠かすことのできないランディングページ。

しかし、これまでにランディングページを制作したことがない場合、どういった要素を盛り込めばいいのか、どういった構成にしていけばいいのかがわからず、なかなか制作を前に進めることができないというパターンは少なくありません。

また、実際にランディングページを作ってみたはいいものの、思うような成果が得られずに頭を抱えている企業や担当者も少なくないでしょう。

でもそれは当然です。

というのも、ランディングページにはきちんと成果を出すための構成があり、その構成に沿って制作しないと思うような成果を得ることはできません。

そこでこの記事では、ランディングページの肝とも言える構成について詳しく解説していきます。

これからランディングページを作ろうと考えている方や今公開しているランディングページで思うように成果を上げられていない方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランディングページとは

ランディングページを制作する場合、ランディングページのことをきちんと理解できていないと成果の出るランディングページを作ることはできません。

ですので、まずはランディングページについて簡単におさらいしておきましょう。

ランディングページは、ウェブ上に公開した広告などに記載されているリンクをユーザーがクリックした場合に表示されるウェブページのことを指す言葉です。

ただし、商品の購入やサービスへの加入、お問い合わせの獲得など、何かしらの成果を上げることを目的としたウェブページになっていることがほとんどです。

ようは、「集客したユーザーに何かアクションを起こしてもらうためのページ」です。

そのため、ウェブに公開しているページの中でも非常に重要なページの一つになります。

成果の出るランディングページに取り入れるべき要素と鉄板の構成案

では、ここからは成果のでるランディングページに取り入れるべき要素と鉄板の構成案について解説していきたいと思います。

成果の出るランディングページを作っていく上で盛り込むべき要素は全部で8つです。

そしてそれらの要素を正しい順番で配置していきます。

1. キャッチコピー

広告などに記載されているリンクをクリックしランディングページに遷移した場合、真っ先に目に飛び込んで来るのが、この「キャッチコピー」の部分です。

「アイキャッチ」なんて呼ばれたりもしますね。

このキャッチコピーの部分でユーザーの関心を引くことができなければ、ユーザーが離脱してしまう可能性が高くなります。

キャッチコピーはメインのコピーとサブのコピー、写真で構成されることが多くなっています。

ここではユーザーの興味や関心を最大限に高めることを意識し、そうなってもらえるために必要な文言と画像を配置するようにしてください。

2. 共感部分

キャッチコピーを見てランディングページの内容に興味を持ってもってくれたユーザーをさらにグッと引き込み、この先の内容を読み進めてもらうために配置するのが、この「共感部分」です。

共感部分では、その名の通りユーザーに共感し、ユーザーの信頼を勝ち取っていきます。

ウェブで情報を探しているほとんどのユーザーは、何かしらの悩みを抱えています。

そのため、その悩みに寄り添ってあげれば、そのランディングページのことを信頼し読み進めてくれるというわけです。

「〇〇でお悩みではないですか?」
「私も少し前まで〇〇で悩んでいました。〇〇って〇〇ですよね?」

のように、その悩みを持っているであろうユーザーの立場になってユーザーが抱えていそうな悩みをピックアップし、共感してあげるようにしましょう。

3, 問題の解決方法の提示

ユーザーの悩みに寄り添いユーザーに信頼してもらうことができたら、ユーザーが抱えている悩みを解決する方法を提示してあげましょう。

本来であれば解決方法をいくつか提示してあげた方がより親切なページになりますが、ランディングページの目的はあくまで商品やサービスを売ることです。

そのため、ここでは自社の商品やサービスの売上につながるような解決方法だけを提示していきます。

例えば、販売したい商品が育毛剤だった場合、

「薄毛は髪の毛の一本一本が細くなってしまっていることで引き起こされるものです。つまり、細くて弱々しくなってしまった髪の毛を、太くて丈夫な髪の毛にすることができれば薄毛の悩みは解決できます。」

「太くて丈夫な髪の毛を作るためには髪の毛に栄養をあたえてあげる必要がありますが、髪の毛の栄養剤となるのが育毛剤なんです。」

というような形で解決方法と提示していきましょう。

4. 商品・サービスの提示

ユーザーが抱えている悩みの解決方法を提示してあげることができたら、売りたい商品やサービスを提示していきましょう。

商品やサービスの特徴については次の項目でしっかりと提示していくので、ここでは商品やサービスについて提示してあげるだけで大丈夫です。

こういった商品、こういったサービスがあるんですよということだけ伝えることができれば十分です。

5. 商品やサービスの特徴の提示

商品やサービスを紹介し、ユーザーにその商品やサービスを認知してもらうことができたら、その商品やサービスの特徴について提示していきましょう。

その商品やサービスはどういったものでどういった特徴があるのかをしっかりと説明していきましょう。

6. ベネフィットの提示

商品やサービスの特徴についての説明が完了したら、次はベネフィットを提示していきます。

ベネフィットというのは、ユーザーがその商品やサービスを利用することで得られる未来を指す言葉です。

例えば、育毛剤を使って薄毛の問題を解決することができた場合、第一印象を劇的に変えることができるわけですが、そうなるとユーザーは自分に自信が持てるようになり、何事にもポジティブに取り組めるようになります。

これがベネフィットです。

薄毛で悩んでいるユーザーというのはネガティブになってしまいがちなので、育毛剤によって薄毛の悩みを解決しポジティブになることで、明るい未来が待っていますよということを提示してあげるといいわけですね。

このような形でベネフィットを提示していきましょう。

7. お客様の声

次に盛り込んでいくのがお客様の声です。

いかにその商品やサービスが素晴らしいものだと力説してもユーザーは簡単には信頼してくれません。

そこで必要になってくるのがお客様の声です。

第三者の客観的な意見を盛り込むことで、ユーザーの信頼を獲得していきます。

8. クロージング

ランディングページの最後に配置するのがクロージングです。

つまり、商品の購入やサービスへの加入を促す部分になります。

まとめ

これからランディングページを作ろうと考えている方や今公開しているランディングページで思うような成果を得られていない方のために、ランディングページの肝とも言えるランディングページの構成の仕方や盛り込むべき要素について詳しく解説してきました。

今回この記事で紹介してきた要素を盛り込んだ上で紹介してきたような構成にすることができれば、きっとしっかりと成果の出るランディングページを制作することができるはずです。

繰り返しになりますが、ランディングページでしっかりと成果を出すために必要なのは、要素と構成です。

この2点を満たしたランディングページを作ることが出来れば面白いように成果を上げることができるようになるので、ぜひこの2点を意識して、ランディングページページの制作を進めていくようにしましょう。

また、ランディングページ作成時に外せない重要な4つのポイントに関しては、
下記のページを参考にしてください。

ランディングページの意味とランディングページを制作時の【重要な4つのポイント】

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中