【保存版】起業で成功するためのヒント|アイデア出しのコツとは

アイディア

起業するなら成功したい、とはいっても、大半の人にとって起業は初めての経験です。事業のアイデア出しから立ち上げ方、事業を継続するためのコツやヒントがあるなら知りたいですよね。

起業を成功させるためにはスタートが肝心です。本記事では、起業のアイデア出しから事業の立ち上げまで、起業準備でつまづかないためのヒントをご紹介します。

起業する前に|メリット・デメリット

メリットとデメリット

起業準備に乗り出す前に、起業のメリットとデメリットを確認しておきましょう。どんなことにもメリットとデメリットはあります。デメリットもあるけれどそれでもメリットのほうに価値を感じる、という覚悟ができてから起業に踏み出すといいでしょう。

起業のメリット

起業の最大のメリットは、会社員ではできない経験・収入が見込めることでしょう。会社員では仕事内容に給料が見合わない、収入が思った以上に上がらない、といった点に悩まされることも少なくないですが、起業すれば自分が頑張った分だけ収入になります。

定年は自分で決めることができるので、会社で決められた定年よりももっと長く働くこともできるでしょう。

また起業したい人の理由にもよくあげられるように、起業は自分のやりたいことができるというのもメリットです。一緒に仕事をする人や仕事する場所、時間もすべて自分で決めることができるので、会社員としての働き方に不自由さを感じている人は憧れるでしょう。

起業のデメリット

起業すると自分が頑張った分だけ収入になるのはメリットですが、一方で自分の仕事次第で収入が不安定になるデメリットがあります。仕事の質や進め方にはすべて自分が責任をとる必要があり、毎日が決断の連続で精神的にも負担がかかるでしょう。

また、共同経営でない限りは社内に自分と同等の立場の人間がいないため、そうした責任の重さや精神的負担に共感してくれる人がいません。人によっては孤独な闘いとなるので、起業家の中にはうつ病を発症してしまう人もいます。

起業で成功するためのヒント

ヒント

どんな人でもきちんと準備さえすれば起業できる時代において、起業を成功させる人の特徴をご紹介します。

情熱的であること

成功している起業家の多くは、「こういう仕事で貢献したい」「世界を変えたい」という思いが強く、情熱的です。起業して自分で会社を経営していくとなると、ときには寝る間も惜しんで仕事をする必要もあるでしょう。

その行動の源泉にあるのが情熱です。情熱をもって仕事に打ち込めていれば、起業を成功させることができるでしょう。

仲間を作ること

起業する人の中には1人で全部やりたい、という人もいるかもしれません。しかし、起業で成功するためには仲間を作ることで、その仲間から成功のヒントを得られる事もあります。

1人で会社を経営することはまったくできないわけではありませんが、前述したように肉体的にも精神的にも負担がかかるので、作業を分担できる仲間がいれば心強いですよね。仲間にバックオフィス業務をサポートしてもらっている間に自分が営業にいくこともできますし、起業の苦労を分かちあうこともできるでしょう。

起業のアイデアを生み出すヒント

ブレインストーミング

起業を成功させるためには、アイデア選びも重要なヒントです。しかし、うまいアイデアが出なくて足を止めてしまう人も少なくないでしょう。起業に活かせるアイデアを出すためのヒントをご紹介します。

まずはアイデアをたくさん出す

実現可能かどうか、という点はひとまず置いておき、まずは頭の中にあるアイデアをすべて紙に書き出し可視化してみましょう。

頭の中で考えるだけでなく、紙に書き出すのがポイントです。頭の中がスッキリして新しいアイデアを生み出せるようになりますし、書き出したアイデアから良さそうなものを選んでさらに掘り下げていくこともできるでしょう。

世間のニーズを知る

世の中から必要とされているニーズを捉えられれば、成功する可能性も高まります。例えば株式会社メルカリの提供するフリマアプリ「メルカリ」は、物を持ちたくない、使わなくなったものを捨てるよりは他の人に使ってもらいたいという現代の消費者のニーズにマッチし、さらには循環型社会を実現するという点で社会的にも受け入れられた好事例といえるでしょう。

起業を成功させるためには事業を継続する必要があり、事業を継続するためには事業そのものが多くの人に求められることが重要になります。周囲の人に聞いたりニュースなどから未来を予測したりして、将来的に世間が何を求めているかを知りましょう。

違うアイデア同士を掛け合わせる

アイデアは、掛け合わせることによって独自性を発揮します。業界と手法、技術とニーズ、年代層と市場など、なんでもいいから掛け合わせてみるといいでしょう。意外な新発見があるかもしれません。

人の起業を応援してみる

周りに起業している人がいるのであれば、その人の起業を応援してみるのもアイデアを生み出すヒントです。すでに起業している人を応援することで起業の現実を知り、起業でどのようにアイデアを活かすべきかイメージがわくでしょう。

起業している人が周りにいなければ、クラウドファンディングに参加してみるのもひとつの手です。起業家の多くがエンジェル投資といって他の起業家に投資するのと同じように、クラウドファンディングに参加することで、ニュースでは知り得ない市場の生の声を知ることができるでしょう。

知識のある人に相談する

他の人に話してみることで、アイデアを客観的に見て判断してもらうことができます。特に知識があってポジティブな人に相談してみるといいでしょう。ただポジティブなだけだと具体性のない話になってしまうかもしれませんし、知識があるだけの人だと現実的な側面だけを突き付けられてしまうかもしれません。

知識もあって現状を前進させる、ポジティブな考え方ができる人を選んで相談してみるのがベストです。

うまくいっている人のまねをする

起業のアイデア出しに限った話ではありませんが、うまくいっている人のまねをすればうまくいく可能性は高まります。もちろん必ずうまくいくとは言い切れませんが、少なくとも見当違いの方向に進むことや大きな失敗は防げるはずです。

すでに軌道に乗っている会社の事業内容をまねてみたり、アイデアを生み出したきっかけを知ってまねてみたりすると、新たな発見があるかもしれません。

起業のアイデア探しで失敗しないために

失敗した

起業のアイデアを探すことは重要ですが、アイデア探しで失敗してしまうといざ起業したときにも失敗してしまいます。アイデア探しで失敗しないためのポイントをまとめました。

アイデアだけで先走らない

アイデアを思い付いたらそれだけで先走らず、アイデアを実現するための具体的な計画を練りましょう。アイデアを実現させるには資金面や時間、リソースの確保などの具体的な行動が必要です。

他にも専門的な知識が必要なら自分で学んだり、詳しい人に聞いてみたりするといいでしょう。

現実的なアイデアであるか

アイデアは突飛なものである必要はありません。独自性を狙いすぎて非現実的なアイデアになってしまっていないかや、本当に採算がとれるアイデアであるかどうかを確認しましょう。

非現実的すぎると事前に融資を得るのも難しくなりますし、周囲に納得されないようなアイデアでは実際に動き出したときに失敗する可能性が高いです。

利益ばかり求めない

起業すれば儲かる、という認識だけが先走って利益ばかりを求めていてもうまくいきません。利益ばかりを追求した仕事は消費者にもそれが伝わり、嫌悪されて離れていくことも少なくありません。世の中のニーズに答える対価として収入があることを覚えておきましょう。

また、事業を継続していくには先行投資が必要になるので、大きな利益を得ようとすれば初期投資額も大きくなります。初期投資額が大きいとより大きい利益を得られる可能性も高くなりますが、同時に失敗したときの損失も大きくなるでしょう。

どんな状況に陥っても事業を続けていくには、情熱や信念が必要です。利益だけを求めて情熱や信念がない事業計画は、継続しにくいでしょう。

【立場別】起業するためのヒント

チームで起業

起業というとかつては年齢を重ねた男性がイメージされたかもしれませんが、準備さえ整えば誰でも起業できる時代です。立場別に起業したいときに役立つヒントをまとめました。

【学生】低コストの事業を選ぶ

近年は、アイデアさえあれば学生でも起業することが少なくありません。とはいえ学生はアイデアがあっても、資金がないことがネックになります。学生で起業したいのであれば、なるべく低コストで済ませられる事業を選びましょう。

少なくとも店舗や在庫を抱える事業は現実的とはいえません。特に学生起業では、もっとも低コストでスタートしやすいネットビジネスが盛んなようです。

【女性】ワークライフバランス重視

依然として男性の起業家が多いとはいえ、女性が起業してはいけないわけではありません。女性は通常会社員として働いていると、結婚や出産で仕事に支障をきたしたり、ブランクから復帰できないなどの問題がありますが、起業すれば自分で仕事量を調整できるというメリットがあります。

そのため、起業するときには独身であったとしても、これから結婚や出産を迎えたときのため、ワークライフバランスを重視して仕事を選ぶといいでしょう。

【シニア】助成金制度を知る

年を重ねてからの起業、定年退職してから起業したいという人は、起業するための資金を融資で得ることは難しくなります。年齢を重ねてから新たにお金を借りると、残りの人生で返済し続けなければならないのはつらいでしょう。

しかし厚生労働省や日本政策金融公庫などが、40歳以上・55歳以上を対象とした助成金制度を設けています。助成金であれば返済の必要はないので、ぜひ調べて活用してみてください。

まとめ

ヒント

起業で成功するためのヒントをまとめました。起業で成功するためには情熱を持って起業に臨むこと、世間に求められる仕事であることが特に重要になってきます。

もちろん情熱やアイデアだけでなく、具体的な資金調達や現実性のある事業を選ぶことも大切です。それぞれのヒントをしっかり自身の事業に落とし込めば、起業を成功させることができるでしょう。

これから起業を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ、育ちの江戸っ子■シングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に億単位の他人の借金を背負うも3年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■2010年より毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを立上げ継続中■個人起業向け会員制やサブスク、仕組み作りでは300名以上の受講生を指導し安定収入を手にする受講生続出中■理念は「共感、共存、共創」できる起業家を世界中に排出すること
アイディア

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


10年以上に渡って毎年連続で、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!