SDGsをよく知るために!イメージしやすい「5つのP」とは何か?

SDGs とそれを取り巻くテーマ

SDGsという言葉は聞いたことがあるけれど、17の目標や169のターゲットについては「いまいちイメージが湧かない、結局何をすればいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

SDGsをより理解するために、「5つのP」という概念があります。この記事では、5つのPについて詳しくご紹介しましょう。

SDGsとは何か?

SDGsのロゴ

まず大前提として、SDGsの基本的な情報を確認しておきましょう。

2015年に国連で採択された持続可能な開発目標

SDGsとは2015年に国連で採択された、持続可能な開発目標のことです。2030年までに達成することを目標としており、SDGsを達成することで世界に根付いている貧困や差別の問題、環境問題や社会問題といった諸問題をすべて解決するために設定されました。世界共通で取り組むべき指標といえるでしょう。

「持続可能」というからには一度達成したら終わりではなく、継続的にその状態を維持できるような取り組みをしていけることが重要なポイントです。

17の目標と169のターゲットで構成

SDGsは17の目標と169のターゲットから構成されています。世界の諸問題を細分化しており、日本に住む人からすれば他人事のように思えることもあります。

しかし同じ地球に生きる以上、全く無関係ではありません。SDGsの掲げるスローガンでもある「誰一人取り残さない」の言葉の通り、2030年に達成するためには1人ひとりが努力し、目標に向かって行動することが必要不可欠です。

SDGsをイメージしやすくする「5つのP」

5つの星

5つのPとは、SDGsの基本的な考えを5つに分類したものです。17の達成目標と関連づけながら、1つずつ簡単に解説しましょう。

People(人間)

SDGsはすべての人が平等に、健康で豊かな人間らしい生活を送ること、潜在的な能力を発揮できるようにすることを目的としています。そのなかでも、People(人間)は人間の生活に関わる目標です。

17の目標のうち、「1.貧困をなくそう」「2.飢餓をゼロに」は貧困問題の解決につながります。「3.すべての人に健康と福祉を」「6.安全な水とトイレを世界中に」の2つは、さらにすべての人が健康的に暮らすための目標です。

「4.質の高い教育をみんなに」「5.ジェンダー平等を実現しよう」の2つは、誰もが平等に力を発揮できる環境をつくるために設定されている目標であり、これらはすべてPeople(人間)に関連する目標といえるでしょう。

Planet(地球)

Planet(地球)に関連するSDGsの目標は、今ある自然を大切にして、地球の環境を守っていくことを目的としています。

自然環境を守る「14.海の豊かさを守ろう」「15.陸の豊かさも守ろう」はPlanet(地球)と関連が深いといえるでしょう。「13.気候変動に具体的な対策を」は、すでに問題視されている地球温暖化への対策を講じるのが目的です。これからの地球環境を守っていくための施策として「12.つくる責任 つかう責任」もPlanet(地球)に分類できます。

Prosperity(豊かさ)

Prosperity(豊かさ)に関連する目標は、すべての人が豊かで充実した生活を送れるように、経済、社会、技術の進展を確保するのが目的です。

「7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに」はエネルギーが使えていない地域への援助に加え、再生可能なエネルギーの利用を促進するものです。「8.働きがいも経済成長も」「10.人や国の不平等をなくそう」は労働環境の改善や差別による労働機会の損失をなくすことを目指しています。

「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」「11.住み続けられるまちづくりを」の2つは、技術の進歩と技術面社会面から見て住みよいまちづくりを目的としている点で、Prosperity(豊かさ)と関連が深いといえるでしょう。

Peace(平和)

SDGsの17の目標のうち、Peace(平和)に関連する目標は「16.平和と公正をすべての人に」のみです。戦争や暴力のない平和な世界をつくっていくことを目的として設定されました。

日本はすでに平和な国ですが、この目標を達成するためには今でも世界のどこかで戦争や紛争が起こっていることを知ることからはじめてみるのもいいでしょう。

Partnership(パートナーシップ)

「17.パートナーシップで目標を達成しよう」は、5つのPのうちPartnership(パートナーシップ)に関連する目標です。SDGsの実現には個人や企業単体だけでは力不足かもしれません。すでに地方自治体と企業が力を合わせている事例も増えていますが、相互にパートナーシップを組んでいくことが達成につながるという考えです。

企業と団体はもちろん、学校や職場、家庭の中でも協力しあってSDGsの達成に貢献していくことが求められます。1人ひとりが協力しあい、その連鎖で世界中の人がSDGsを意識し、課題に取り込んでいくことで、誰一人取り残すことのない社会の実現につながるでしょう。

まとめ

地球と握手

5つのPについてまとめました。SDGsの17の目標はすべて根本に5つのPの考え方に基づいたものです。ひとつひとつのPについて理解をし、できることから少しずつ取り組みましょう。SDGsの取り組みの方向性に迷ったときは、5つのPに立ち返ってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ、育ちの江戸っ子■シングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に億単位の他人の借金を背負うも3年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■2010年より毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを立上げ継続中■個人起業向け会員制やサブスク、仕組み作りでは300名以上の受講生を指導し安定収入を手にする受講生続出中■理念は「共感、共存、共創」できる起業家を世界中に排出すること
SDGs とそれを取り巻くテーマ

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


10年以上に渡って毎年連続で、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!