SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」の基本情報

生徒に教える先生

SDGsに関する目標は、いくつもあります。「質の高い教育をみんなに」も目標の1つとして含まれていますが、具体的にどのようなものなのでしょうか。

そこで今回は、目標4「質の高い教育をみんなに」の基本情報や取り組み、個人でもできることなどを紹介します。教育に対しての関心を持っている方やSDGsへの理解を深めたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

なお、前半部分ではSDGsそのものに関することも紹介しているため、「そもそもSDGsって何?」という方でも把握できるようになっています。

まずはSDGsを確認しておこう!

SDGSと書かれたブロックと関連ワード

冒頭でも述べたように、まずはSDGsがどのようなものなのか、ある程度把握した上で、今回のテーマである目標4を紹介します。

SDGsへの理解がなければ、目標4についても理解することはできません。SDGsに関する知識があいまいな方は、この項目である程度の基礎を把握しておきましょう。

SDGsの基本情報

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略称です。日本語に訳すと持続可能な開発目標となり、国連が全世界で取り組む目標として掲げられています。SDGsが採択されたのは2015年9月25日の国連総会です。2030年までの期間を設けてさまざまな目標を掲げました。現在でも目標達成を目指すための取り組みが進められており、その中にはもちろん日本も含まれています。

なお、SDGsにはそれぞれ目標とターゲットがあります。目標は経済や環境など幅広く設定されており、それぞれの目標ごとに複数のターゲットが設けられているのです。ターゲットは目標を具体的に説明しているものが多いため、目標だけで把握できないときはターゲットの内容まで読んでみましょう。

SDGsに対する日本の取り組み

SDGsに対する日本の取り組みはさまざまあります。例えば、「女性の活躍推進のための開発戦略」や「ビジネスと人権に関する行動計画」などです。

また、SDGsへの取り組みは関係省庁ごとによっても異なっており、金融庁や消費者庁、総務省などでも取り組まれています。詳しく知りたい方は各省庁の公式サイトをチェックしてみましょう。

SDGsに対する海外での取り組み

SDGsに対する取り組みは国によって異なります。フィンランドの首都であるヘルシンキでは、サステナビリティにフォーカスを当てたページを作成し、ページ内ではヘルシンキでサステナビリティを心がけながら過ごすスケジュールやサステナビリティの基準をクリアしている施設などを紹介しています。

デンマークでは、「UN17 Village」というプロジェクトを実施中です。「UN17 Village」とは、SDGsで掲げているすべての目標をクリアするための村作りであり、快適な暮らしとサステナビリティの両立を目指して進められています。村自体は2023年に完成予定で、新しいライフスタイルの実現を図っているのです。

SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」とは?

黒板の前に立ってチョークを持つ先生

SDGsには、「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」や「働きがいも経済成長も」、「気候変動に具体的な対策を」といったさまざまな目標があります。その中の1つとして「質の高い教育をみんなに」がありますが、どういった目標なのでしょうか。

「質の高い教育をみんなに」だけでは詳しいところまで分からないため、この項目では目標4に関する基本情報を紹介します。

目標4のターゲット

世界中のすべての人が公平かつ質の高い教育が受けられる社会となるために、目標4には10のターゲットが定められています。ターゲットには、初等教育の整備や読み書き能力・基本的計算能力の習得、資格を持つ教員の増加などついて記載されており、どれも目標4を具体的に説明しているので非常にわかりやすいです。

また、ターゲットは全体的にどんな人でも平等に教育を受けられる世界をつくることを目標として作られています。これは性別や貧富の差に関わらずのことであり、「平等」という言葉に対してしっかりとフォーカスを当てていると言えるでしょう。

質の高い教育が求められる理由

世界が抱えているさまざまな課題を解決するためには、質の高い教育は欠かせません。世界には文字が読めないことが原因で貧困から抜け出せない人が多くいます。文字が読めないと安定した職業を得ることも、働くうえで必要な技術を学ぶこともできないのです。

質の高い教育を受けることは、貧困から抜け出す光だと言ってもいいでしょう。事実、2012年に当時の国連トップであった潘基文は、「質の高い教育によって、貧困からの脱却や子供の死亡率の減少、児童婚の減少などを実現できる」と述べています。

十分な教育が受けられない主な理由

荒れ果てた土地とPEACE??と書かれたプレート

世界にはきちんと教育が受けられている国もあれば、十分な教育が受けられない国もあります。しかし、なぜそのような差が生まれているのでしょうか。

そこで、十分な教育を受けられない理由を3つピックアップして紹介します。今回のテーマにも関係することであるため、目を通しておいてください。

学校に通えない子どもが多いため

3つの中でも特に大きな理由が、「学校に通えない」というもの。「戦争で難民となってしまったから」「通うためのお金が無いから」など、通えない理由は人それぞれです。教育水準を上げることも大切ですが、「なぜ通えないのか」という理由をハッキリとさせた上で解決してあげなければ、根本的な解決にはつながりません。

教育よりも優先すべき課題があるため

世界を見渡すと、教育よりも家計や家族の病気などを優先している家庭も多く、教育が後回しになっているのです。もし教育よりも優先すべき課題があるならば、それを解決しなければ、学校に行こうとは思えないでしょう。課題によっては、本人は学校に行きたいと思っているのに行けないといったケースもあります。

親の考えが古いため

日本では「学校に行って当たり前」ですが、どの国も同じとは限りません。国によっては親の考えが古く、「学校に行くよりも親孝行することのほうが大切」「学校に行くくらいなら仕事したほうが良い」と考えている地域もあります。この場合、本人がどれだけ学校に行きたくても親が許さないため、教育を受けることを諦めざるを得ないのです。

SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」の取り組み

supportと書かれたハートを持つ両手

目標4への取り組みとしては、一体どのようなものがあるのでしょうか。

そこでこの項目では、教育機関や日本企業の取り組みをピックアップして紹介します。どのような取り組みが行われているかを知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

教育機関での主な取り組み

江東区立八名川小学校では、2010年からESD(Education for Sustainable Development)をメインに据えた教育を進めています。ESDとは、将来、持続可能な開発を進められる担い手を育成しようという取り組みです。江東区立八名川小学校では、そのようなESDの教育を全校体制で行っており、第1回ジャパンSDGsアワード特別賞を受賞しました。

具体的な活動としては、実施学年ごとにSDGsに関する実践計画表をまとめたり、子どもたちがSDGsに関して学んだことを地域のイベントでプレゼンテーションしたりなどが挙げられます。

岡山大学の事例をご紹介しましょう。岡山大学はアジアで初めてユネスコチェアの認定を取得し、ESD以外にもSDGsの目標達成を目指した取り組みを実施しています。また、ESDの教師教育にも力を入れており、ESD教育の推進に非常に積極的です。

岡山大学のサイトには、SDGsに関するイベントやセミナーなどの情報がたくさんあります。ビジネスコンテストも開催しているので、興味がある方はサイトを訪れてみましょう。

日本企業による海外での主な取り組み

海外でさまざまな取り組みをしている企業をご紹介しましょう。

手電気メーカーのPanasonicでは、カンボジアにソーラータイプのランタンを寄贈し、勉強しやすい明るい環境づくりをサポートすることで、識字率の向上に貢献しています。

スポーツブランドとして世界中で知られるMIZUNOの取り組みを見てみましょう。MIZUNOは運動が苦手な子でも楽しめるような運動遊びの独自プログラムを開発し、ベトナムの初等教育への導入に取り組んでいます。この運動を通して、子どもたちが心身ともに健康に成長する手助けをしているのです。

個人でもできることって?

ハートのボックスに円マークを入れる

「目標4への取り組みは、団体や企業じゃないとできないの?」と疑問に思う方がいるかもしれませんが、そうではありません。目標4への取り組みは個人でもできます。最後の項目では、個人でもできることを3つ紹介します。

目標4に関連する情報を集める

実際に取り組む前には、目標4に関する情報を頭に入れ、理解を深めることが大切です。そのためにも、まずは目標4に関する情報収集から始めてみましょう。目標4に関連した本や映像は数多くあります。

例えば映画であれば、「世界の果ての通学路」や「バベルの学校」などが挙げられるでしょう。どちらも教育に関する映像作品であるため、気になる方は一度見てみてください。

目標4への活動に寄付する

教育に関する活動をしている団体に、寄付をすることも目標4に対する立派な取り組みです。スーパーマーケットや駅、公共施設などで募金活動が行われていたら、寄付してみましょう。自分自身が目標4の活動に直接関われなくても、あなたが寄付したお金が子どもたちの教育をサポートする助けになります。

団体にとっては活動資金が多ければ多いほど、より多くの子どもたちに教育を受けさせることが可能となるため、少しでも助けたいところです。もちろん、自分自身で目標4に対する募金活動を始めてもいいでしょう。

なお、目標4に関連した団体としては「特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン」や「特例認定NPO法人e-Education」、「公益財団法人日本ユニセフ協会」などが挙げられます。興味がある方は、団体のサイトなどを見てみましょう。

市役所に行く

「具体的に何をすれば良いのか分からない」という方におすすめしたいのが、市役所に行ってみることです。市役所では教育に関するボランティアを募集していることがあります。このようなボランティア活動も目標4に取り組むことにつながりますので、興味がある方は市役所に行き、自分でもできることがないかをチェックしてみましょう。

まとめ

退屈そうに授業を受ける女子高生

今回は、目標4「質の高い教育をみんなに」の基本情報や取り組み、個人でもできることを紹介しました。目標4は世界中の教育に対する課題をクリアするためのもので、さまざまな団体や企業が取り組んでいます。個人でも目標4に対してできることはありますので、教育への関心を持っている方やSDGsに取り組んでみたい方は、身近なことから始めてみてはどうでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ、育ちの江戸っ子■シングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に億単位の他人の借金を背負うも3年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■2010年より毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを立上げ継続中■個人起業向け会員制やサブスク、仕組み作りでは300名以上の受講生を指導し安定収入を手にする受講生続出中■理念は「共感、共存、共創」できる起業家を世界中に排出すること
生徒に教える先生

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


10年以上に渡って毎年連続で、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!