サブスクリプションとレンタル、何が違う?特徴・サービスの違いを徹底解剖!

サブスクリプションは最近知名度が高まってきたビジネスモデルです。

レンタルと似たようなサービスだと思っている人も少なくないでしょう。しかし、サブスクリプションとレンタルには違いがあります。

今回は、どのような違いがあるのか、双方のメリットとデメリットについてご紹介します。

皆さんは、サブスクリプションとレンタルの違いは何か知っていますか?

サブスクリプションは最近知名度が高まってきたビジネスモデルなので、詳しくは分からないという人も多いでしょう。

今回は、混同してしまうことが多いサブスクリプションとレンタルの違いについて詳しくご紹介していきます。

サブスクリプションとは?

サブスクリプションの意味

サブスクリプションは、決められた金額を支払うことによって定められた期間中に好きなだけサービスを受けられるビジネスモデルです。

雑誌の定期購読やインターネットの通信サービス、音楽配信サービス、動画配信サービスなどで採用されています。

最近は、飲食店や美容室などでもサブスクリプションを導入したサービスを提供するケースが増加傾向にあるようです。

飲食店や美容室などで導入されているサービスの場合は、サービスを利用すればするほどお得になるような仕組みになっているため、魅力を感じる人が増えています。

サブスクリプションのメリット・デメリット

サブスクリプションを導入することによって顧客も店舗も恩恵を受けられます。

しかし、メリットだけではなくデメリットに関してもあらかじめ知っておいた方が良いでしょう。

サブスクリプションを導入するメリットとデメリットについてご紹介します。

 

・サブスクリプションのメリット
サブスクリプションのメリットは、主に下記の3つが挙げられます。

・気軽に利用できる
・期間中は使い放題なので交換も可能
・利用する商品やサービスの幅が広がる

 

購入して失敗してしまった経験がある人は、同じような失敗を繰り返したくないと思ってしまうため、購入に消極的になってしまう場合が多いです。

しかしサブスクリプションであれば、気軽に利用できるのでお試し感覚でも始められます。

また、良い商品やサービスには比較的値段が高めに設定されているため、購入や利用を躊躇う人もいるでしょう。

サブスクリプションの場合、質の良い商品やサービスも提供されているので、質の良いものを使い始めるきっかけになります。

 

・サブスクリプションのデメリット
サブスクリプションのデメリットは、下記の2つが挙げられます。

・利用しなくても料金がかかってしまう
・結果的に購入した方がお得になる可能性がある

 

サブスクリプションは利用することが前提となっているので、使う見込みがある場合のみ利用するようにしましょう。
また、サブスクリプションでは月額料金が発生するため、長期的に使う場合は購入した方がお得になる可能性もあります。
よく考えてから利用するようにしましょう。

サブスクリプションが利用されている業界

サブスクリプションを取り入れる業界はかなり増えています。

PhotoshopやIllustratorなどのソフトを手掛けているAdobeをはじめとしたデジタル業界はもちろんですが、

Apple MusicやNetflixなどの定額音楽・動画配信サービスを手掛ける音楽業界でもサブスクリプションは一般的です。

最近では、車や家具など高価な商品にも広がっていることから、非常に幅広い業界で取り入れられているビジネスモデルだと言えるでしょう。

レンタルとは?

レンタルの意味

レンタルは、レンタル会社と不特定多数の人が貸し借りをするサービスです。

サブスクリプションとの違いは、貸出期間の長さにあります。

基本的にサブスクリプションは長く、レンタルは短いです。

DVDやCDのレンタル、自転車のレンタルなどがあるので利用した経験がある人も多いでしょう。

また、最近ではレンタルスペースやレンタル家電などのサービスも増えているので、レンタルも多くの業界で導入されるようになってきたサービスだと言えます。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルは、私たちにとってとても身近なサービスなので、メリットが大きいと思う人も多いでしょう。

しかし、レンタルならではのデメリットもあるのです。

レンタルのメリットとデメリットにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

 

・レンタルのメリット
レンタルのメリットは、下記の2つが挙げられます。

・必要な時に使いたいものを借りられる
・事務処理にかかる負担を軽減できる

 

レンタルは途中で解約することや短期間の利用が簡単にできるため、柔軟な利用が可能です。

また、レンタル料金の支払い管理だけをすれば良いので償却経理事務や損害保険などの事務手続きの負担を軽減できるという点も大きなメリットだと言えます。

 

・レンタルのデメリット
レンタルのデメリットは、下記の2つが挙げられます。

・購入と比べると割高になってしまう
・限られた選択肢から選ばなければいけない

 

中・長期間のレンタルの場合は、サブスクリプションと比べると割高になる可能性が高まるでしょう。

さらに、レンタル会社が保有している商品の中から選ばなければいけないので、選択肢が限られてしまいます。

レンタルが利用されている業界

レンタルは、サブスクリプションと似たような業界で導入されているケースもあります。

しかし、サブスクリションと違って不特定多数の人に短期間貸し出すことをレンタルと呼ぶため、DVDなどの音楽・動画メディアにおけるイメージが強いです。

他の業界だと、レンタル家電、レンタルオフィスなど家具家電業界や不動産業界もレンタルサービスを取り入れている業界だと言えるでしょう。

サブスクリプションとレンタルを比較しよう

初期コストを抑えたいならサブスクリプション

サブスクリプションは、初期コストを抑えて商品やサービスを利用できるというメリットがあります。

メリットの中でも気軽に利用できるとご紹介しましたが、初期コストを抑えられることも気軽に利用できる要因の1つです。

利用していない期間の利用料もかかってしまうため、定期的に利用しないのであれば負担になってしまう可能性もあるでしょう。

しかし、初期コストで大きな出費をしたくない場合は、サブスクリプションモデルを採用している商品やサービスを利用することがメリットになります。

初期コストを抑えながら、利用する商品やサービスの幅を広げることもできるため、可能性を広げられるでしょう。

価格帯が高い商品やサービスは購入を躊躇ってしまうこともありますが、サブスクリプションは価格帯が高い商品やサービスも利用することができます。

もしも、新しい商品やサービスを取り入れたいけれど初期コストが不安だと感じているのであれば、サブスクリプションがおすすめです。

数時間しか利用しないならレンタル

サブスクリプションは中長期の利用を前提としたビジネスモデルですが、レンタルは短期間の利用を前提としたビジネスモデルだという違いがあります。

つまり、商品やサービスを数時間しか利用しないのであれば、レンタルの方がお得になりやすいです。

もしも利用期間が短いと分かっている商品やサービスの場合は、レンタルを選択することをおすすめします。

まとめ

サブスクリプションは最近知名度が高まってきたビジネスモデルです。

レンタルと似たようなサービスだと思っている人も少なくありませんが、実は大きな違いがあります。

サブスクリプションはできるだけ初期コストを抑えたい場合、レンタルは短期間しか利用しない場合におすすめです。

サブスクリプションは中長期的な利用が目的になっているので、使わない期間があると損をしてしまう可能性もあります。

逆にレンタルは短期間の利用が目的になっているので、長期間の利用になってしまう場合は購入した方がお得になるケースが多いです。

双方のメリットやデメリット、特徴を知っていれば、どんな違いがあるのかも把握しやすく、よりお得な方を選べるようになるでしょう。

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中