トヨタのサブスクリプション「KINTO」は毎月定額で新車に乗れる!

サブスクリプションは、様々な業界で導入されているビジネスモデルです。

NetflixやAmazonPrime、Spotifyなど、様々なサービスが急激に成長していることから、サブスクリプションサービスを利用したことがある人も多いでしょう。

デジタルや音楽関係のサービスがメインとなって展開されているサブスクリプションですが、最近は車のサブスクリプションサービスも始まっています。

今回は、トヨタが始めた「KINTO」というサブスクリプションサービスについてご紹介しましょう。

トヨタでサービスが開始された「KINTO」とは?

トヨタの新車を毎月定額で3年間乗れる

KINTOは、2019年7月からトヨタが始めたサブスクリプションサービスです。

毎月定額を支払うことによって、トヨタのブランド車に乗ることができます。

KINTOには、3年間トヨタの車を愛車として利用できる「KINTO ONE」、3年間レクサス車を乗り継げる「KINTO SELECRT」の2種類があります。

全国展開されているサービスは「KINTO ONE」です。

「KINTO SELECRT」は、東京都内でトライアルサービスが行われていたのですが、現在は31都道府県まで対象エリアが拡大しています。

毎月定額を支払って利用できるため、車のリースと似たようなイメージだと言えるでしょう。

KINTOの月額料金には車体価格だけではなく、登録に必要な諸費用や任意保険、自動車税、定期メンテナンスなど、車の維持に必要な費用がほとんど含まれているという大きな魅力を持っています。

車を購入する場合は、車体価格はもちろんですが税金や保険料など様々な費用が発生し、全て込みになるとかなり高額になってしまうでしょう。

そのため、車の維持に必要な費用のほとんどが月額料金に含まれているという点は消費者にとって嬉しいポイントの1つです。

KINTOで利用できる車種

KINTOはとても魅力的なサービスなので、どんな車を借りられるのか気になるという人は多いでしょう。
続いては、KINTOで利用できる車種や料金をご紹介します。

まずは、「KINTO ONE」で利用できる車種と料金です。

・アクア 月額3万9,500円~
・プリウス 月額4万6,100円~
・ヴェルファイア 月額7万5,000円~
・アルファード 月額7万9,000円~
・クラウン 月額8万7,000円~

「KINTO ONE」は利用できる車種の中から選び、3年間乗ることができます。

続いては、「KINTO SELECT」で利用できる車種と料金です。

・ES300h version L
・RX450h version L
・IS300h F SPORT
・RC300h F SPORT
・NX300h F SPORT
・UX250h F SPORT

「KINTO SELECT」では、6種類のレクサス車を6ヶ月ごとに乗り継ぐことが可能です。

それぞれに料金が決められているわけではなく、「KINTO SELECT」の利用料金として月額18万円を支払うことになります。

ただし、6種類のレクサスを必ず乗り継がなければいけないという点に注意しなければいけません。

KINTOと車購入を比較

KINTOはとても魅力的なサービスですが、まだ開始されて間もないため、購入する場合とどのような違いがあるのか分かりにくいと感じる人もいるでしょう。

KINTOを利用する場合と車を購入する場合では、どのような違いがあるのでしょうか?

 

・KINTOを利用する場合
KINTOを利用する場合は、乗りたい車が決まったらWEBで簡単に契約ができます。
WEBで契約後、必要な書類を郵送して販売店で受け取るため、納車までの期間も短くなります。
また、毎月の料金を支払えば、整備なども全て含まれているので無料で行ってもらえるのです。
3年後には車を返却しなければいけませんが、次の車に乗り換えることもできます。

 

・車を購入する場合
車を購入する場合は、車両代の他に自動車保険、自動車税などの支払いなどが必要です。
さらに、整備やオイル交換、消耗品代など様々な費用がかかってきます。
車検や自賠責保険料などの支払いもあるため、車の購入にはかなりの費用がかかってしまうでしょう。
万が一、事故に遭ってしまうと保険等級が上がってしまい、毎月の保険料は高くなってしまうことも覚えておく必要があります。

KINTOを利用するには?

申し込みから納車までの流れ

KINTOを利用する場合にはまず申し込みをする必要があります。

申し込みは、利用する車種を決め、WEBで済ませることができる仕組みです。

ワンクリックで選択できるため、いつでも契約することができます。

WEBでの契約を済ませたら、必要書類を郵送しましょう。

そして、販売店に利用する車が届くまで待ち、到着したら受け取りにいきます。

納車から契約満了時までの流れ

納車されたら、毎月の利用料を支払っていきます。

納車してから6ヶ月後にはトヨタ正規店で無料点検を受けることができ、法定12ヶ月点検もトヨタの正規店で受けることが可能です。

点検にかかる費用も毎月の利用料に含まれているため、点検の度に大きな出費が必要になることもありません。

納車から3年経つと契約満了となり、次の新車に乗り換えるか契約を終了するか選択することになります。

様々な魅力が詰まったKINTO

「あんしんサポート」で万が一の時も安心

トヨタが提供しているサブスクリプションサービス・KINTOは、車に乗ることを楽しんでもらいたいという思いで生み出されました。

楽しいカーライフを送ってもらうためにも、充実したサポートを行っています。

万が一の時でも安心できる「あんしんサポート」についてご紹介しましょう。

 

・故障や事故対応も万全
KINTOの月額利用料には、自賠責保険と任意保険も含まれています。
保険がしっかりしているため、万が一車が故障したり、事故を起こしてしまったりしても速やかに対応してもらえるでしょう。
故障や事故などのトラブルに巻き込まれないように気を付けていても、絶対にないとは言い切れません。
保険がしっかりしているという点は大きな安心につながります。

 

・メンテナンスが楽
KINTOを利用していると、販売店やオンラインからメンテナンスに関するお知らせが届きます。
申し込みも簡単にできるので、車を所有するよりも楽に感じるでしょう。
また、メンテナンスを行った毎月の支払額が増えることもないため安心です。

 

・気軽に乗り換えできる
KINTOは、ライフステージに合わせた乗り換えが可能です。
通常、車を購入してから家族構成の変化などがあった場合でもすぐに買い替えることは難しいですが、トヨタが提供しているサブスクリプションサービスであるKINTOの場合は気軽な乗り換えを実現できます。

エコ走行でギフトがもらえる「愛車ポイントサービス」

安全でエコを意識した運転をしていると、愛車ポイントが貯まっていきます。

愛車ポイントが貯まるとギフトと交換できるという仕組みです。

ギフトは、MyKINTOにあるポイント交換サイトの中から選べます。

旬を楽しめるギフトから体験型ギフトまであるので、ギフト選びも楽しみの1つになるでしょう。

愛車ポイントは、安全運転を心掛けたり、定期メンテナンスを行ったりすることで貯まります。

まとめ

サブスクリプションサービスは、NetflixやAmazonPrime、Spotifyといったものが有名ですが、最近は車のサブスクリプションサービスも提供されるようになってきました。

トヨタが始めた「KINTO」もサブスクリプションサービスです。

KINTOの月額料金の中には、車体価格はもちろんですが登録に必要な諸費用や任意保険、自動車税、定期メンテナンスなども含まれているため、

維持費を抑えて車に乗れるという大きなメリットがあるサービスとなっています。

申し込みもとても簡単にできるため、気軽に利用できるサービスだと言えるでしょう。

自賠責保険と任意保険も含まれている安心感や気軽に乗り換えができるという満足感はKINTOならではの魅力です。

車を購入するハードルは高いけれど車を使いたいと考えている人にとっても、トヨタが提供しているサブスクリプションサービス・KINTOは魅力的なサービスだと言えるでしょう。

車を購入しようか迷っている人は、KINTOの利用もぜひ検討してみてください。

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中