誰でもできる!カンタンなランディングページの作成方法

ランディングページはWebマーケティングの要です。ネットでの売上をアップさせるためにはランディングページが欠かせません。しかし、どのように作れば成果が上がるかを理解できている人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • ランディングページの作成ポイントは?
  • 売れるランディングページはどうやって作られているのか?
  • 初心者でもランディングページを作れるツール

について詳しくご紹介していきます。これからWebマーケティングを始める人も、すでに始めているが効果が上がらず悩んでいる人も、ぜひ参考にしてみてください。

ランディングページとは?

ランディングページとは?

ランディングページとは、直訳すれば着地ページです。ユーザーがネット上でリンクや広告をクリックした際、最初にアクセスするページを指します。

検索エンジンの検索結果を経由して最初に開いたページや、URLから直接開いたページもランディングページです。ただし、Webマーケティングにおけるランディングページは、もう少し狭い意味で定義されています。

Webマーケティングでは、サイト訪問者を商品購入などにつなげる目的で作られるページがランディングページです。1ページ完結型のページで、購入や問い合わせに至るように様々な工夫を施して作るのが狭義のランディングページとなります。

ユーザーの興味を引き付けて、ページ離脱を防ぎながら購買意欲を高めるためにランディングページを制作します。縦長の1ページをスクロールしながら読み進めるうちに、申し込みにつながるようにするページです。

ランディングページを作成する際のポイント

十分な情報量を載せる

ランディングページは訪問したユーザーに興味を持ってもらって、意欲的に読み進めてもらうことが重要です。そのため、視覚的にメリハリがあるデザインを心掛けながら、イメージしやくインパクトのあるグラフや表などを用意します。

読み進めながらターゲットであるユーザーの購買意欲が高まるように、具体的なデータなども掲載すると良いでしょう。ランディングページだけでサイズやカラー、価格などが分かり、お客様の声、競合他社と比較して優れている点なども盛り込んでアピールします。1ページのランディングページに十分な情報を載せることが重要です。

ユーザーの滞在時間を長くする

せっかく訪問したユーザーも、すぐに離脱してしまえば成果につながりません。ランディングページは滞在時間が長くなることを意識して作りましょう。

申し込みフォーム以外のリンクボタンは載せないこと、心を捉えるストーリー性を意識することをおすすめします。ランディングページの滞在時間をいかに長くするかを考えてコンテンツ制作をすることがポイントです。

シンプルなデザインにする

情報量は十分に必要なものの、わかりにくく見づらければサイト離脱率は上がってしまいます。ランディングページを作る上で最も需要なのは、わかりやすさでしょう。

簡潔な文章、すんなり理解できる内容、心を捉える表現を心掛けてください。デザインを工夫し、グラフや箇条書きなどを上手に使いながら、商品やサービスをイメージしやすいランディングページを目指します。

売れるランディングページの作成方法

ファーストビューで興味を引く

売れるランディングページは、まずファーストビューでユーザーを引き付けます。サイトにアクセスして一番初めに目に入る画面・ファーストビューの出来次第で第一印象が決まり、ユーザーが読み進めたいと思うかどうかが決まると言えるでしょう。

  • キャッチコピーで心をつかむ

ターゲットユーザーが何を求めて訪問するかを把握して、知りたいと思っていたことの核心を突くキャッチコピーを入れましょう。ユーザーが何に興味を持って訪問したのかをしっかり考えることが重要です。

キャッチコピーは大きめの文字で、サイトの左側に寄せるとユーザーの視線を引き付けやすなります。インパクトがある言葉、簡潔なキャッチコピーを用意してください。

  • 興味を引く写真を使う

ファーストビューのビジュアルがユーザーの視線を捉えるかを意識しましょう。メインビジュアルはキャッチコピーとの統一感があるものを選んでください。興味を引くためには画像よりも写真がおすすめです。

アクション導線を工夫する

申し込み先、資料請求先などへのアクション導線は、迷っているユーザーの背中をひと押しする工夫をしてください。成果を上げるためにはアクション導線の工夫は欠かせません。

まずはファーストビューの範囲内に、そしてコンテンツの合間に挟みます。アクション導線は目立つ色にし、クリックしやすいボタンにしましょう。期間限定など、早くクリックしたくなる工夫も必要に応じてしてみてください。

商品説明でベネフィットを提示する

売れるランディングページは、単純に商品を紹介しサービスを説明するだけでは作れません。ユーザーにとってどんなメリットがあるか、ベネフィットが伝わるように作りましょう。

売る側が伝えたいことに終始するのではなく、あくまでもユーザー目線でメリットが分かるようにすると作りやすいはずです。例えば美容成分が95%配合されている商品なら、「朝までもっちり肌」など、ユーザーに響くような表現を心掛けてみてください。

「お客様の声」を載せる

ランディングページをスクロールしながら読み進めてきたユーザーは、購入してみようかなと思い始めています。ただし、やはり初めての商品・サービスを購入することに対して、不安感は残っているでしょう。

購入意欲が沸いているユーザーに安心感を与えるのが、「お客様の声」です。口コミに信ぴょう性を持たせるために、お客様の声には実際の顔写真・名前・年齢などを盛り込むべきです。

工程や手順を説明

ランディングページを見るだけで、商品やサービスが手元に届きメリットを感じられるまでの流れが分かるようにしておきましょう。どんな工程があるか、それぞれの工程にどのくらい時間が必要かをステップごとに紹介してください。

よくある質問で不安を解消

申し込み前に商品やサービスに対して疑問や不安が残ったままなら、やはり申し込みはやめておこうと考える人は多いものです。よくある質問を用意して、ユーザーが不安に感じがちな質問事項を用意して回答しておきましょう。質問に対して回答しながら、ユーザーにポジティブな印象を与えられます。

初心者でもカンタン!ランディングページが作れるツール3選

ペライチ

初心者がランディングページを作るなら、まずは無料で活用できるペライチをおすすめします。日本語での説明に従って簡単にランディングページが作れて人気です。

Instapage

本格的なランディングページを作りたいなら、Instapageを活用してみましょう。テンプレートの種類が多く、好みのデザインが選べます。14日間は無料なので、試しに作ってみたい人にもおすすめです。

WordPress

WordPressで独自ドメインを取得してサイト運営をしている人は、ランディングページもWordPressで作成すると良いでしょう。プラグインも充実していて、無料から有料までテンプレートが豊富です。

まとめ

今回は、Webマーケティングの要となるランディングページについてご紹介してきました。ネット社会となり、これからのビジネスにWebの活用は欠かせません。Webマーケティングで成果を上げるためには、画面の向こう側にいるユーザーの心をいかに掴むが重要です。

今回ご紹介したランディングページの作成方法を活用し、ターゲットユーザーに対して上手に自社の製品やサービスが与えるメリットを伝えて、売上アップを叶えていきましょう。

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中