サブスクリプションとは?話題のサービスの形態・意味とメリットを理解しよう!

サブスクリプションは、最近話題になっているサービス形態の1つです。

物を買うよりも体験するためにお金を使う人が増えたため、サブスクリプションが浸透してきました。

サブスクリプションという言葉を聞いたことがある人は多いかと思いますが、

サブスクリプションとは具体的にどんな意味を持っているのか知っている人はどれくらいいるでしょうか?

意味やメリット・デメリットまでは知らない方も多いはずです。

そこで今回は、サブスクリプションとはどのような意味なのか、サブスクリプションのメリットとデメリットについてご紹介していきましょう。

サブスクリプションとは?

定額で利用できるサービス形態

サブスクリプションは、定期購入という意味を持つ言葉です。

ユーザーが商品やサービスを購入する度に支払いをするのではなく、購入した商品やサービスを一定期間利用できる権利に支払いをするというビジネスモデルになります。

最初にサブスクリプションを導入したのはAdobeと言われており、ソフトウェアを買い取り型からサブスクリプション型に変更し、ユーザーに利用権を与えました。

現在は、SpotifyやApple musicといった音楽配信サービスでも導入されるようになったため、非常に身近なものとなっています。

サブスクリプションが浸透した背景には、ユーザーの志向が物を「所有」するのではなく、「利用」するという方向へと変わりつつある現状が挙げられるでしょう。

定額制とサブスクリプションは違う?

サブスクリプションと同じような意味で毎月課金する、月額定額制というビジネスモデルもあります。

サブスクリプションとよく似たモデルですが、異なる部分も多いです。

月額定額制の場合は、商品やサービスに対して毎月同じ金額を継続的に課金します。

サブスクリプションの場合は、ただユーザーに課金してもらうだけではなく、ユーザーが何を必要としているのか、

ユーザーの満足度を高めるためにはどうすればいいのかといった部分まで踏み込んだ料金プランを提示しています。

料金プランを複数用意して利用権の範囲を変えたり、休止できたりするのがサブスクリプションです。

また、サブスクリプションは無料のお試し期間を設けることで、ユーザーのニーズに添えるような工夫も凝らしています。

サブスクリプションの本来の目的とは?

サブスクリプションが持つ本来の目的は、ユーザーの経験価値を生み出すことです。

従来のマーケティングにおいては、商品やサービスを販売することが重要視されていました。

しかし、時代の流れと共にただ商品やサービスを販売するだけでは不十分だと考えられるようになってきたのです。

ユーザーの経験価値を生み出すためには、ユーザーと販売者側のコミュニケーションが重要となります。

なぜかというと、ユーザーが求めているニーズに応えられるような商品やサービスを提供するには、課題を乗り越えられる何かが必要になってくるからです。

ユーザーと販売者側のコミュニケーションが円滑に進めば、課題を乗り越えるために必要なヒントを得ることもできます。

ユーザーと販売者で価値を共創する必要があると言えるでしょう。

そして、価値の共創に必要な要素がサブスクリプションなのです。

サブスクリプションのメリット・デメリット

企業側のメリット

 

・新規ユーザーの利用障壁を下げられるため、ユーザーの母数を増やせる
・統計データを取れるので、サービスの改善がしやすくなる
・デジタルとアナログ、どちらがメインの業界でも導入可能
・継続的な売上を試算しやすくなる
・サービスを継続促進しやすい

 

企業側のメリットは多くあるので、サブスクリプションを導入する企業は増えてきています。

特に、ユーザーの母数を増やせることや継続的な売上の試算がしやすくなるというメリットは、企業にとってかなり大きいと考えられます。

さらに、サービスの継続促進もできるため長期にわたって利用してもらえる可能性も高まるという点も、サブスクリプションを導入する理由となるでしょう。

企業側のデメリット

 

・サービスをスタートしたばかりの段階ではユーザーが少ないため利益が出にくい
・新しいコンテンツを取り入れるためのコストがかかる
・新しいコンテンツを取り入れ続けるという継続的な努力が必要
・価格が安いサービスだと思われてしまい、ブランドの価値自体が下がってしまう可能性

 

サブスクリプションは企業にとって魅力的なビジネスモデルです。

しかし、継続してユーザーになってもらうためには、常に新しいものを取り入れるための努力を怠ってはいけません。

また、新しいコンテンツを取り入れるためのコストもかかってしまうため、すぐに利益へと直結するビジネスモデルではないことを念頭に置いておく必要があるでしょう。

消費者側のメリット

 

・商品を自分で保有する必要がないため、管理などの手間が省ける
・期間中であれば使い放題なので、何度も使う商品やサービスであればお得
・いつでも解約できるため、使わなくなった物が無駄にならない
・使い始める際のコストを抑えられる

 

商品を購入した時に発生する、管理するためのスペースや手入れするための手間を省くことができるため、使い始める際に感じるハードルが低くなるというメリットを実感できるビジネスモデルです。

また、いつでも解約できる安心感も得られるので、気軽に利用できます。

消費者側のデメリット

 

・使用していない期間でも料金が発生してしまう
・使う予定がない機能や興味が全くないサービスも、プランの中には含まれている可能性が高い
・使い始める際に感じるハードルが低いため、契約をしすぎてしまう可能性が高い

 

サブスクリプションは、ユーザーにとってのメリットも多いビジネスモデルですが、デメリットと捉えられる部分もあります。

特に大きなデメリットだと感じやすいのは、商品やサービスを利用していなくても料金が発生してしまう点でしょう。

気軽に利用できるサブスクリプションだからこそ、つい使わないままになってしまう人もいますが、使う予定がないまま契約を継続してしまうと余計な出費を増やしてしまうことになりかねません。

サブスクリプションは解約もできるので、デメリットを感じたくないのであれば、使わなくなったタイミングで解約することをおすすめします。

まとめ

サブスクリプションとは最近話題になっているサービス形態の1つで、SpotifyやApple musicなどの音楽配信サービスなどで採用されています。

音楽配信サービスを利用している人はとてもたくさんいるので、身近なものだと言えるでしょう。

サブスクリプションと似たような意味で毎月課金する「月額定額制」というビジネスモデルもありますが、サブスクリプションとは別物です。

サブスクリプションと月額定額制は、商品やサービスを提供する目的などに違いがあります。

サブスクリプションはとても魅力的なビジネスモデルですが、メリットとデメリットを把握しておかないと上手くいかなくなってしまう可能性があるので要注意です。

しかし、多くのメリットがあるため、企業側にとっても消費者側にとっても魅力的なビジネスモデルであることは確かだと言えます。

サブスクリプションとはどのような意味を持っているのか、どのようなメリットがあるのか知った上で導入すれば、非常に有益な結果をもたらしてくれるでしょう。

会員制ビジネス構築プログラム無料オンラインセミナー


8年連続、月200万円安定させた会員制ビジネスの作り方を期間限定で無料公開中です。

たった7つのステップを意識するだけで構築できる、他では入手できない秘密の会員制ビジネス構築の秘訣を無料で受講できます!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

会員制ビジネスマスターコンサルタント■東京下町生まれ東京育ちの江戸っ子■現在21歳大学生の娘を育てるシングルマザー■元板前出身の異色すぎるウェブ系コンサルタント■20代前半に他人の借金の肩代わりで3億円背負うも持ち前の根性と江戸っ子魂でわずか5年で完済■2007年に現在のビジネスパートナー青柳仁子とHito.co(株)設立■8年間継続、毎月200万円を売り上げる会員制ビジネスを運営中